某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:北朝鮮(拉致事件等)( 7 )

辛光洙

Excite エキサイト : 社会ニュース
 原敕晁さんの拉致実行犯として国際指名手配されている北朝鮮工作員辛光洙が蓮池夫妻、地村夫妻の拉致の実行犯であったことが先日報道されたが、どうやら、横田めぐみさんの拉致も辛光洙が実行犯だったようだ。

 辛光洙といえば、スパイ容疑で85年に韓国で逮捕され、死刑判決をうけながら、1999年大晦日のミレニアム恩赦で釈放され、北朝鮮に送還されている。どれだけ国際手配しようが、北朝鮮にいる限り逮捕はまずないだろう。このような第一級スパイを訳のわからない恩赦で釈放し、北へ送り返すボンクラ国家と、その第一級スパイの釈放を求める署名をしたわが国の大馬鹿・売国奴政治家は最近明るみになりつつある事実を如何に考えているのでしょうかねぇ・・・。

ちなみに、売国奴政治家は以下の方々↓
土井たか子・菅直人
この2人以外にも社会党系議員を中心に署名に参加した多数の馬鹿者がいます!

人気blogランキング

引用記事
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2006-01-05 22:29 | 北朝鮮(拉致事件等)

田中さん拉致被害者認定

田中さん拉致被害者認定 78年失跡の元ラーメン店員
 北朝鮮の日本人拉致事件で政府は25日、1978年に消息を絶った神戸市の元ラーメン店員田中実さん=失跡当時(28)=を新たに拉致被害者に認定した。同日午後にも発表する。被害者の認定は2002年10月の曽我ひとみさん、母ミヨシさん以来。これで北朝鮮による拉致被害者は11件、16人(うち5人が帰国)となる。
 田中さんは78年6月、成田空港から出国し、消息を絶った。元工作員とされる男性(故人)が「北朝鮮工作員のラーメン店店主に誘い出され、ウィーン経由で連れて行かれた」と告白した。
(共同通信)
 神戸の元ラーメン店員田中実さんが拉致被害者として政府から認定を受けたそうだ。ただ、未だ多くの拉致されたことが濃厚な人々が政府の認定を受けられておらず、また、その調査も政府ではなく、家族会などが自費・カンパによって行っているのが現状だ。政府は拉致問題を解決する気があるなら、拉致被害者かどうかの精査などを政府自ら行い、十分な証拠・可能性がそろったら即認定するようにしてもらいたい。

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-25 14:33 | 北朝鮮(拉致事件等)

小泉首相の決断を求める国民大集会

Excite エキサイト : 社会ニュース 【拉致問題集会に4000人 北朝鮮の経済制裁求める】
 拉致問題をめぐる北朝鮮の対応に抗議し、経済制裁を求める国民集会が24日、東京都内で開かれ、市民ら約4000人が参加した。被害者家族や拉致議連のメンバーらが、小泉純一郎首相はただちに制裁発動に踏み切るよう訴えた。
 北朝鮮側が横田めぐみさん=失跡当時(13)=のものとした「遺骨」が日本側の鑑定で偽物と分かったことなどをめぐり、「北朝鮮に誠実な対応がなければ、厳しい対応をせざるを得ない」とする官房長官談話が出されてから4カ月経過したのを受け、被害者家族会と救う会などが主催した。
 「対話と圧力」を北朝鮮への外交方針にしている小泉内閣だが、一向に「圧力」をかける様子はない。最近は「対話」さえ途切れている。小泉首相は北朝鮮外交から興味が無くなったのか?(もう郵政以外には興味がないようだが)

集会で、北朝鮮への経済制裁を訴える横田滋さん(左)、早紀江さん夫妻。後方は横田めぐみさんの写真。集会には約6000人が参加(24日午後、東京都千代田区の日比谷公会堂)(時事通信社)20時33分更新 「対話と圧力」というが、外交において圧力をかけるといった駆け引きもない対話など何の効果もない。実際、関係各国は6カ国協議での対話で北朝鮮問題の解決を図る方針であるが、当の北朝鮮は圧力がかけられることもないから、協議からの脱退を示唆したり、日本の排除を求めるなど傍若無人の態度をとっている。彼らの態度は明らかに日本国・政府・国民を舐めきった態度である。わが国としては、経済制裁など目に見える形で圧力をかけ、日本が拉致問題について怒っているということをはっきり示す必要があるだろう。

 一方で、「日本一国だけで経済制裁しても効果がない」として、経済制裁に反対、若しくは慎重の立場を示している政治家や学者がいるが、李英和(関西大学経済学部助教授)氏によると、日本への輸入が軍部や金一族に近い取り巻きなどの金銭源になっているから、効果が大きく、金体制へ大きな打撃を与えられるそうである。効果があるならば、早急に経済制裁に進むべきだろう。経済制裁は直ぐに結果の出る圧力ではない。やるならさっさとやってしまうべきだ。

 拉致被害者家族も高齢化が進み、親御さんには子供と再会できぬまま亡くなられている方も出ている。時間はそんなにない。政府には早急に圧力をかけ、自体の進展を図っていただきたい。

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-24 18:26 | 北朝鮮(拉致事件等)

小泉首相の決断を求める国民大集会

 24日午後2時から日比谷公会堂で、拉致問題関係団体主催で小泉総理と政府に北朝鮮への早期経済制裁を求める集会があるそうです。
小泉首相の決断を求める国民大集会
平成17年4月24日(日)
午後2時から5時まで(開場1時)
東京・日比谷公会堂
テーマ=国家意思を示すため今こそ経済制裁発動を

会 場 日比谷公会堂(100-0012千代田区日比谷公園1-3 03-3591-6388)
地下鉄日比谷駅、霞が関駅、内幸町駅徒歩3分
登壇者 家族会会員・救う会役員・議連役員などが訴えます
司 会 櫻井よしこ(予定)
参加費 無料(会場カンパ歓迎)
主 催 
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(代表 横田 滋)
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(会長 佐藤勝巳)
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(会長 平
沼赳夫)
小泉首相の決断を求めます

 国民世論は6~8割が制裁発動賛成であり、拉致議連、自民、民主、公明3党の拉致対策本部も制裁発動を求める声明を出し、衆参両院の拉致特別委員会も制裁を求める決議を行った。拉致議連はいま、全力を挙げて制裁を求める国会決議採択のため活動している。救う会は北朝鮮産アサリの不買運動を開始した。

 政府は平成16年12月24日「北朝鮮側の迅速かつ誠意ある対応をしない場合、日本政府として、厳しい対応をとらざるを得ない」(細田官房長官)との立場を公表した。ところが北朝鮮は日本側が遺骨鑑定を捏造しているなどと言語道断の開き直りをつづけて日本との対話を拒絶し、核武装宣言をして6者協議への参加も拒否している。誰が見ても北朝鮮は「迅速かつ誠意ある対応」をしていない。それなのに、政府は制裁発動をしない。

 このままでは、日本は拉致問題をそれほど重視していないという大変危険なメッセージが内外に向けて発信されてしまう。「無視は黙認と思われてしまう」(横田滋)。全ての拉致被害者を取り戻すという不退転の国家意思を示すこと抜きに、どうしてめぐみさんたちを取り戻せるのか。小泉首相に強く問いたい。

 家族会・救う会は座り込みなども辞さない覚悟で全力量を注ぎ込んで、制裁発動を小泉首相に迫っていく。国民の皆様のご支援・ご協力・ご参加をお願いいたします。


救う会全国協議会ニュース★☆(17.03.06-2)
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-24 01:44 | 北朝鮮(拉致事件等)

平壌に到着

Excite エキサイト : 国際ニュース 【脱北日本人妻が平壌到着 平島筆子さん】
 【北京19日共同】ラヂオプレスによると、北朝鮮の平壌放送は19日、在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った後、2002年に中国に脱出、翌年に44年ぶりに日本に帰国した日本人妻、平島筆子さん(66)が同日、空路平壌に「戻った」と報じた。
 平島さんは18日に北京の北朝鮮大使館で記者会見し「日本にはだまされて行った」と主張。「子供や孫に会いたい」と述べ、家族のいる北朝鮮に戻る意思を表明していた。
 19日の同放送は、平島さんを「日本に誘拐されていた在朝日本人女性」と伝え、「日本反動勢力の懐柔や欺まん策動を粉砕し、社会主義祖国の懐に再び抱かれたいという希望を実現した大きな感激にあふれていた」と到着の様子を紹介した。
 脱北しながら再び北に戻る平島さんが平壌に到着したようだ。今後暫くは北朝鮮のプロパガンダに利用され、その代わりにそれなりの生活も保障されるだろう。しかし、その先は何の保証もないだろう。利用価値がなくなれば収容所行きの可能性もある。

 そうならないように祈るばかりである。

【関連エントリー】
あえて戻る!? [2005年 04月 19日 06:40]
脱北女性会見のその後[2005年 04月 19日 21:27]

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-20 03:19 | 北朝鮮(拉致事件等)

脱北女性会見のその後

 今朝エントリーした平島筆子さんの北朝鮮へ戻るという記者会見であるが、今日の昼のワイドショーで詳しく解説されていた。

 この平島さん曰く、脱北して日本へ帰国したことが騙されたことなのだそうだ。日本へ帰ってきて妹や旧友と会えたことは嬉しかったが、北へ残してきた家族が恋しいと思っていたということである。また、40年以上暮らしてきた北朝鮮が今は自分の故郷だといっていた。

 この平島さんは、自民党の平沢勝栄衆院議員などの支援者のもと、日本で生活していたようだ。また、以前には、支援者の協力によって、中国と北朝鮮の国境付近で北に残る息子と携帯電話で会話したそうである。

 しかし、今月に入り、平島さん自身が平沢事務所に「数日間、中国の瀋陽へ行く。ちゃんと向こうで世話をしてくれるあてもある。」といい、平沢氏の秘書に航空券を用意してもらったそうである。平沢氏らも以前のように携帯で話しをするかなにかだろうと気楽に考えていたところ、いきなり北朝鮮大使館での記者会見の映像が流れ、びっくりしたそうだ。

朝日新聞の関係情報では、中国まで家族が出てきて、平島さんを北へ戻るよう説得したそうだ。長い間、日本国内で一人で生活し、家族が恋しいと思っていたところに、北の工作員が接触し、中国で家族と会ったか、もしくは家族を人質にとられていたとかあって、北へ戻る決心をしたのだろう。

 この件に関しては明らかに北朝鮮が日本を悪役にし、国内の民衆をまとめる為のプロパガンダに利用しようとしていたことがわかる。平島さんの発言内容や、会見最後の「金正日、万歳」と万歳していた様子、胸につけていた北朝鮮バッチなどからも明らかであるし、この会見を仕切っていた北朝鮮大使館員の「これで、日本によって誘拐されていた平島さんの北朝鮮への帰国会見を終わります」という発言からも明らかである。


 平島さんを一人で中国へ行かせた支援者や、国内での北朝鮮工作員をのさばらしている政府の詰めの甘さが露呈した一件だったといえるだろう。

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-19 21:27 | 北朝鮮(拉致事件等)

あえて戻る!?

Excite エキサイト : 社会ニュース 【<脱北女性>帰国後、「私はだまされた」と再び北朝鮮へ】
 【北京・西岡省二】02年に北朝鮮を脱出して日本に帰国した元日本人配偶者の平島筆子さん(66)が18日、中国・北京の北朝鮮大使館で記者会見し、北朝鮮に再び戻る意向を明らかにした。平島さんは「私は日本にだまされて行った。共和国(北朝鮮)には子供たちもいて、平壌に戻ることが幸せだと思った」と語った。中国に渡航した経緯や北朝鮮大使館に入った経緯などは明らかにしなかった。

 平島さんは1959年12月の帰国事業で在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡り、02年12月に北朝鮮北部の両江道から中国に脱出した後、03年1月、日本に帰国した。平島さんは会見で「日本では会いたかった妹にも古い友達にも会った。しかし、日ごとに子供たちへの思いが募った」と北朝鮮に戻る理由を述べた。
 この方が騙されたというのは北朝鮮への帰国事業であろうか?確かにあの先行き不透明な実験国家への帰国を推奨した国にも問題あるし、あの国を「地上の楽園」と何の疑いもせずにいい続けた朝日新聞と社会党にも責任あるだろう。ただ、そのプロパガンダに乗ってしまった本人たちにも責任がないとはいいきれまい。

 この平島氏の帰国で勘ぐってしまうのは、その会見のなされた場所が北京の北朝鮮大使館ということだ。北の家族を人質に帰国を迫られ、国内外に「資本主義の外敵から地上の楽園に戻ってきた、喜ばしいことだ」とこの人の帰国をプロパガンダに利用するつもりなのではというのは考えすぎだろうか?

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-19 06:40 | 北朝鮮(拉致事件等)