某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ニュース(海外)( 37 )

ちょっと無理がある

注射を見て気絶、頭を打って死亡した男性の妻、病院を訴える | Excite エキサイト
 ことの概要を説明すると、妻ジャネットの出産に立ち会っていた夫スティーブンは、医者が陣痛の痛みを和らげるために背中に注射するところを見て気絶してしまい、倒れて頭を強打し、脳内出血で死亡。遺族であるジャネットは「こういう事故の場合も責任を持て」と損害賠償を請求ということのようだ。

 何でも訴訟になるアメリカだから成り立つ訴訟だろうが、馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。

 注射を打たれてショック死するという事例はたまにあるが、注射針を見ただけで卒倒するなんて先ずありえない。ましてや、分娩に立ち会おうってぐらいの夫なんだからそれぐらいで倒れるなんて誰が考え付くだろうか?もしかすると夫は先端恐怖症だったのかもしれないが、そんなことを分娩中の医者が予見できるわけがない。

 この訴訟に際して、妻は「夫は麻酔を打つのに協力してくれと病院に頼まれたから死亡したのです。病院はそういった場合に発生する予期せぬ事故に対しても責任を負わなければなりません」とコメントしている。 妻側の理屈では、たとえ予見できない事象であっても、夫が気絶したのは注射針を見たことなのだから責任は病院にあるということのようだ。

 ただ、夫は医療行為に協力していて死んだのではなく、医療行為を見て気絶し、そして死んでしまったわけであり、そこまで病院が責任を負う必要があるんだろうか?


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-07-09 16:25 | ニュース(海外)

ロンドン同時多発テロ。次は東京か?

ニュース特集 : ロンドン同時爆発テロ
 2012年に五輪開催が決定して歓喜に沸いたロンドンが一夜にして悪夢のどん底に叩き落された。米国では9.11テロ以降、イスラム系テロ組織によるテロに対して敏感になっている。テロ組織としては、アメリカ本土でテロを起こしてアメリカを揺さぶるのを難しいと判断し、イラク戦争でアメリカの一番のパートナーであるイギリスの首都ロンドンでテロを起こし、アメリカの協力国に揺さぶりをかけるつもりだったのだろう。実際にスペインの列車爆破テロはイスラム系テロ団体に効果的に働いた。この成功でテロ組織は味をしめたのではないだろうか?

 今後日本が狙われる可能性も十分にある。というより、日本の可能性が高い!小泉総理はアメリカのテロとの戦争に対して簡単に支持表明をし、大切な自衛隊をイラクなどに派遣しているが、日本でも同様のテロが起きる可能性を認識しているのだろうか?また、支持表明の際にも、自衛隊派遣を決める際にも国民に対してそのことを十分に説明していないが、そのことについてどう考えているのだろうか?

 日本国民も今後は国内で同様のテロが起きるかもしれないということを覚悟しておいた方がいいだろう。


【TB】
NY、ロンドン、そして東京(◆木偶の妄言◆)
日本国内でのテロを防ぐには(tklo3log)
「テロ」は受ける側から見たときの言葉。(戯言独白日記)
ロンドンで連続爆破事件発生(それでも地球は回る)
Scene1588 ロンドン同時多発テロ発生。(KOBECCO)


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-07-09 00:29 | ニュース(海外)

米兵よ、いい加減にしろ!

Excite エキサイト : 社会ニュース 【<強制わいせつ>日本人女児の胸触った米兵を逮捕 沖縄署 】
 また米兵が少女への強制わいせつ事件をやらかしたようだ。あいつらには過去の反省というものがないようだ。米兵は犯罪を起こしても日米地位協定によって米軍に守られている上に、たとえ日本側に引き渡されても処分がアメリカより軽いから罪の意識が薄い。日米地位協定の抜本的見直しをし、基地外で行った犯罪は否応なしに日本側が逮捕でき、日本の刑法で裁ける体制を作るべきだ。

 ちなみに、1995年にアメリカ海兵隊員3名が小学生女児を車に連れ込んで近くの海岸で強姦した事件があたったが、この際にアメリカは日米地位協定を理由に犯人の引渡しを拒否し、それが右翼・左翼関係なしの島ぐるみ闘争に発展することになった。沖縄県はこの事件をきっかけに地位協定の抜本的な改定を求めたが、日米間で結局は運用改善という形で誤魔化され、犯罪者の引渡しについてはアメリカ軍の裁量で引き渡されるというものになった。そのため、アメリカ兵が基地外で事件を起こしてもそのまま逃げ帰るという事件は未だにあるようだ(最近は引き渡されることもあるようだが)

 結局彼らには未だに日本の占領軍という意識が根深く染み付いているんだろう。「平和を維持するためにここにいてやっている。多少のことは多めに見ろ!」という意識があるように思う。日本政府ももっとハッキリした態度をとるべきだろう。


追記:私が常々「日本でもっとも無能で有害な政治家の一人」といっている河野洋平は、95年の少女暴行事件の時の外務大臣だったのだが、アメリカが米兵を地位協定を盾に引き渡さないということで日本国内で湧き上がった地位協定改定論に対して、「安保のための地位協定だから見直す必要なし」と言い放ったそうだ。米国との関係(主従関係)が保たれるならば、日本側の受けた犯罪を放置していてもいいそうだ。日中関係についても河野は「小泉の外交が問題だ」とか言っているが、実際は、河野が村山内閣、小渕内閣、森内閣で長期に渡って外相をやっている間に、中国の狼藉や反日教育について何の反対もせずに媚び諂ってきたのが原因ではないのか?現在衆議院議長をやっているが、これ以上日本の将来に害を与えないようそろそろ引っ込んでくれないだろうか?

【TB】
日本人女児の胸触った米兵を逮捕 沖縄署(マーク・ダーシーの日記)
米兵奇行(舌先三寸)
またかアメリカ兵(リウエン亭のおつまみ)


人気blogランキング

記事
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-07-04 01:53 | ニュース(海外)

ラストサムライ、怒る!

Excite エキサイト : 芸能ニュース 【トム・クルーズに水鉄砲、仕掛けたTV関係者ら逮捕】
 [ロンドン 20日 ロイター]  新作SF映画「宇宙戦争」のプレミア上映が19日に当地で行われたが、主演のトム・クルーズ(42)が、テレビのいたずら番組のターゲットにされ、憤慨する場面があった。
 クルーズは上映前、記者を装った男からマイクを向けられて話し始めたところ、マイクから水が噴き出した。
 男は民放チャンネル4の娯楽新番組の関係者で、マイク状の水鉄砲でクルーズにいたずらを仕掛け、同行の撮影スタッフ3人がその様子を収録していた。
 クルーズはこれに著しく気分を害し、「ぼくが君の質問に答えているのに、君のしていることは本当にひどい。むかつく」と不快感をあらわにした。
 男ら4人は警察当局に一時拘束された後、保釈された。警察関係者によると、4人はクルーズへの暴力行為で起訴される可能性があるという。
 チャンネル4はクルーズへの謝罪を表明するとともに、いたずらに悪意がなかったことを強調した。
 チャンネル4は「これはジョークなんだからその点を理解して欲しい」と弁明しているが、それはちがうんじゃないか?プレミア試写会という場でやっていいことと悪いことの区別もつかないのか?
ジョークと悪ふざけの区別もつかないとは・・・。電波少年でもそうであるが、バラエティー制作者の中には面白ければ何でもありと考えているものが多いようだ。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-21 17:53 | ニュース(海外)

歴史認識が違うのは当然だ。

Excite エキサイト : 社会ニュース 【<原爆60年>米テネシー州で記念行事 日本人との間に溝】
 【オークリッジ國枝すみれ】米テネシー州オークリッジで16日、原爆開発60周年記念イベントが開かれ、マンハッタン・プロジェクトと呼ばれた原爆開発製造計画に関与した研究者らと家族約70人が参加した。参加者のほとんどが「原爆投下は戦争終結のため必要だった」と話し、「原爆」に対する日本人との溝の深さを感じさせた。
 アメリカでは広島・長崎への原爆投下が太平洋戦争終結に貢献し、結果として多くの米兵や日本人が死なずに済んだと考えられている。あの原爆投下はアメリカ人の目にはその様に映ったのなら、アメリカ人にとってはそれが正しい歴史認識なんだろう。


 しかし、この原爆投下についての日本人の認識は、一般国民への大量虐殺であり、アメリカとまったく逆である。日本中への空襲も同様だ。それによって数百万人の一般国民が犠牲になった。また、原爆投下についても、米軍内では「投下しなくても戦争は本土決戦なしに終結する。原爆は無用だ」。という考えがあったにもかかわらず、政治家のほうが戦後のソ連・共産圏との勢力争いを見据えて、ソ連にその威力を見せ付けるために投下したという考えもある。ソ連に威力を見せ付けるのに何故日本が選ばれたかについては、ドイツ人は白人だから、白人が惨たらしい死に方をしたら米国内に批判が出るかもしれないし、罪の意識にさいなまれるかもしれないが、日本人なら黄色人だから、罪の意識を持たなくて済むという人種差別があったともいわれている。また、「開発した原爆が都市部で投下した場合、どのような結果を及ぼすのか」という実験という要素もあったといわれている。


歴史の一つの事柄をみても、立場が異なれば違う認識を持つことは当たり前だ。中国韓国は「日本の歴史認識を自国のものに合わせろ」というがそれは暴論というものだ。アメリカの認識を訂正するつもりはない。ただ、「日本人はその歴史認識を受け入れることは出来ない」ということは言い続けなければならない。それが米国・米国民と付き合う上での日本人の作法だろう。



追記:アメリカの原爆投下肯定派には、原爆投下の政治的意味合いなど知らず、ただ「戦争の早期終結に役立った」という表向きの考えしか知らない者が多いようだ。対共産圏や人種差別、実験的要因、原爆を落とすまで日本の降服を引き伸ばしたことなど、彼らが知らされていない情報を知ったら彼らの歴史認識にも変化がでるかもしれない。
日本人としては、彼らに根気強くそういう見解を紹介する必要はあるだろう。ただ、それで歴史認識をどうするかは彼らの問題だ。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-19 00:49 | ニュース(海外)

アメリカは正直です・・・。

Excite エキサイト : 国際ニュース 【常任理拡大、日本と1カ国 国連改革で米が新方針】
 【ワシントン16日共同】バーンズ米国務次官は16日、国連安全保障理事会の常任理事国拡大について「日本を含む2カ国」にとどめるべきだとの公式見解を示した。また米紙ニューヨーク・タイムズは同日、日本と発展途上国1カ国の合わせて2カ国の常任理事国入りを認める方針だと伝えた。常任理事国増加に関する米国の具体的方針が明らかになったのは初めて。
 常任理事国入りを目指して連携する日本、ドイツ、インド、ブラジルの4カ国(G4)のうち、ドイツを認めない姿勢を示したことになる。
 バーンズ次官はG4の「枠組み決議案」を支持できないと表明。また、安保理改革について、今年9月の国連総会をめどに一定の結論を得たいとの見解を示した。
 アメリカから安保理改革の具体案が発表された。具体案は以下の通りである。

①新常任理事国は日本と途上国(インド)の2カ国

②新常任理事国には拒否権は与えられない


途上国は具体例は挙げられなかったが、どうやらインドらしい。インドは今後中国以上に発展する予想がされているだけでなく、(階級的差別は残っているが)民主的選挙が行われている。アメリカはインドを早いうちに日本のように技術力があって、民主主義もある子分にしておきたいのだろう。

ドイツはイラク戦争などアメリカのテロとの戦争に対して「NO」を出している。EUからは、現在イギリスとフランスの2カ国が常任理事国となっている。イギリスはアメリカに追従するがフランスはアメリカの意向に逆らう。アメリカとしてはこれ以上アメリカに逆らう国を常任理事国にするつもりはないのだろう。その点日本はアメリカのイエスマンだ。


つまり、「日本はアメリカの言うことは何でも素直に聞くから常任理事国にしてあげよう。インドも入れてあげるから、これからはアメリカの言うことを日本のように黙って聞きなさい。君たち2カ国はアメリカに追従する身なんだから拒否権はいらないでしょ。だって君たちが拒否権を必要とする場合って、アメリカが拒否権を発動しようと考えているときに限定されてるんんだから。アメリカが持ってればそれで十分!だから拒否権は与えませんよ」ってことだろう。


アメリカは正直です。「アメリカの子分になる国以外は常任理事国になる資格は無い」と公式に発表したようなもんなんですから・・・。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-17 09:24 | ニュース(海外)

追い返すだけでなく、ちゃんと説明してあげるべきだろう。

Excite エキサイト : 社会ニュース 【靖国訪問を断念 台湾先住民、右翼の妨害で】
 小泉純一郎首相が靖国神社を参拝したのは違憲で精神的苦痛を受けたとして、国などに損害賠償を求めている台湾先住民ら約60人が14日、戦死した台湾先住民の合祀(ごうし)取り消しを求めるため、靖国神社を訪れようとしたが、右翼が神社の周囲を占拠したとして、訪問を断念した。
 原告側の支援者らによると、台湾先住民らは靖国神社の近くまでバスで乗り付けたが、警察側の要請を受けて、神社に立ち入らずに引き揚げたという。
 警視庁は、台湾先住民が靖国神社を訪れた場合、右翼との衝突は避けられないと判断し、神社側と協議した上で、訪れないよう要請することを決めたとしている。
 台湾の先住民族は1940年代、旧日本軍の南方最前線に大量に投入され、多くが戦死し靖国神社に祭られた。
 台湾先住民が靖国に合祀取り消しを求めて押しかけようとしたようだ。彼らの主張を見た限りでは、彼らは神社とそれに祭られている神とは何か分からず、台湾で日本への補償を求める外省人団体の主張を鵜呑みにしているように感じられた。

 彼らは「加害者と被害者が同じところに祀られているのはおかしい」と主張していたが、台湾人が被害者といえるかというと疑問である。


 日本の台湾統治政策は様々なインフラ整備と教育水準の向上などで台湾の近代化に貢献したという面がある。たしかに植民地化初期の頃は南部を支配していたヤクザとの抗戦があったり、台湾人を朝鮮人とは違い終戦直前まで2等国民として扱ったという点もある。これについては、金美齢産に曰く、「歴史にはプラスとマイナスの面があり、プラスとマイナスを考えると日本が台湾にしてくれたことは明らかにプラスのほうが強かった」だそうで、それが台湾の親日感情のベースになっているそうだ。

 その台湾であるが、先の大戦では高地に住む先住民族・高砂族が高砂義勇軍として大活躍したそうだ。総督府が募集すると5000人以上が殺到し、日本軍が困難を極めたジャングルや高地の作戦遂行で大活躍したそうである。彼らは軍規にも厳正で、日本軍が劣勢に陥ってからは南方戦線では日本兵のために食料を調達してくれたり、衰弱している兵には自分の食料を分けてでも助けようとしてくれたそうだ。

 このため、南方の島々から帰還できた日本兵には「高砂族がいたから生き残れた」というものが多数いる。また、日本兵から尊敬されていたようである。


 そこで、靖国神社である。彼らは植民地の2等国民と扱われながらも戦争では日本の勝利のために尽くしてくれたのであり、そのために命を落とした方も多数いたことだろう。その方々にも日本人と同様に神と祀って感謝と慰霊するのが当然のことだといえる。ただし、これは日本人の価値観・概念上のものである。

 日本兵の戦死者の魂も靖国にもいてるし、自宅の仏壇にも、菩提寺でも祀られている。神や霊は概念上のものなのだから信じるもののところにいる。今回訪日中の台湾人の方々は「霊を分けろ。台湾につれて帰る」といっているが、戦死者の霊は靖国にもいてるし、台湾にも帰っているということを説明する必要があるだろう。また、「我々日本人はあなた方の先祖が我々の先祖が助けてもらったことを感謝しています。その感謝の念を神として祀ることであらわしているのです」ということも説明する必要があるだろう。


それにしても、台湾の外省人反日派はいい加減先住民を利用することを辞めてはどうか?まぁ彼らは日本が引き揚げた後に台湾を占領してからずっと本省人・先住民を虐げてきたから、騙して利用しても良心が痛まんのかもしれんが・・・。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-15 00:18 | ニュース(海外)

マイケル無罪だってさ

なかなか評決の出なかったマイケル・ジャクソンの少年への性的虐待等に対する裁判で、罪に問われていた10の罪状全てで無罪が言い渡されたそうだ。
フジテレビ「めざましテレビ」より

追記:Excite エキサイト : 主要ニュース 【M・ジャクソン被告に無罪=子どもへの性的虐待事件】
Excite エキサイト : 国際ニュース 【M・ジャクソン被告に無罪 子どもへの性的虐待事件】
Excite エキサイト : 芸能ニュース 【ジャクソン被告は無言で退廷、公式サイト上で喜びを爆発】
 6月13日、無罪評決を受けた米歌手、マイケル・ジャクソン被告は、裁判所を退廷した際には無言だったが、公式サイト上では喜びを爆発させた。写真は裁判所の外で、マイケルの写真を掲げるファン(2005年 ロイター/Mario Anzuoni)



人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-14 06:26 | ニュース(海外)

地名を勝手に変えるな!

Excite エキサイト : 国際ニュース 【アラビア湾かペルシャ湾か 中東でも海の呼称論争】
 【カイロ2日共同】イラン外務省のアセフィ報道官はこのほど、アラブ諸国の記者に対し、中東のイランとアラビア半島に囲まれた海を、アラブ側の呼称「アラビア湾」ではなく、「ペルシャ湾」と“正式名”で呼ぶよう訴えた。1日付のアラブ紙アッシャルク・アルアウサトが報じた。
 湾の呼称については、イランの旧称「ペルシャ」を使いたがらない湾岸アラブ諸国とイランとの間で長年論争になっており、サウジアラビア資本の同紙も、記事の中ではこの海域を「アラビア湾の名で知られている」と報じている。
 報道官は記者団に対し、ペルシャ湾の名は国際的に認知された世界地図に記載されており、「この海域を本当の名称で」呼ぶよう求めた。
 イラン当局は1991年の湾岸戦争時にも、同戦争を「ペルシャ湾岸戦争」と表記すべきだとテヘランの外国人記者団に主張したことがある。
 韓国が日本海のことを「東海」と主張しだして国際問題になっているが、中東でもペルシャ湾の名称が国際問題になっているようだ。

 日本海は長年の国際的慣習からも「日本海」と称するべきであろう。韓国の主張は自分たち海岸線が接している海に「日本」てついていることに対する反対である。彼らは「昔から東海と呼ばれていた」と主張するが、それは朝鮮半島のみの呼称であり、世界では前々から「日本海=the Japan Sea」である。

 韓国もアラブ諸国も自国の勝手な言い分で地名を変更し、それを世界に押し付けるようなことをすべきでない!


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-04 01:56 | ニュース(海外)

コーランへの冒涜は事実だったのでは?

Excite エキサイト : 主要ニュース 【赤十字、2002年には米国にコーラン問題を指摘】
 [ワシントン 19日 ロイター] 国際赤十字は、2002年の時点で、すでにキューバのグアンタナモ基地の収容者たちから米当局者らがコーランを粗末に扱っているとの報告があったことを米国防総省に伝えていた。国際赤十字と国防総省当局者が19日、明らかにした。
 赤十字国際委員会(ICRC)の広報担当者は、ICRCは2002年と2003年に「複数回」にわたり、収容者らからそうした報告があったことを伝えたと説明。「米政府は是正措置を講じ、この訴えが再び表面化することはなかった」としている。
 キューバのグアンタナモ米軍基地で尋問官らがコーランを冒涜したとニューズウィーク誌が報道した件で、ニューズウィーク誌は誤報だったと発表したが、私は疑わしいというエントリーを書いた(こちら)。これはキリスト教原理主義のブッシュ政権がイスラム教そのものを敵視していることと、アメリカ人をはじめとする欧米国が西欧文明以外を野蛮で下等と見下している風潮からありえることだと考えたからだ。
赤十字、2002年には米国にコーラン問題を指摘

 赤十字の発表によると2002年、2003年とアメリカ当局者らがコーランを冒涜したという報告があったそうだ。アメリカ政府は是正措置がとられてからはそのようなことは起きていないといっているようだが、表面化してなかっただけで、現在でもコーランへの冒涜は繰り返されていたのではないかと思う。

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-05-21 04:35 | ニュース(海外)