某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 06月 10日 ( 1 )

拒否権問題を先送り。

Excite エキサイト : 主要ニュース 【新常任理、拒否権15年凍結=決議案修正案提示】
 【ニューヨーク8日共同】国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す日本やドイツ、ブラジル、インド4カ国(G4)は8日、安保理の新常任理事国が拒否権行使を15年凍結することなどを柱とした「枠組み決議案」修正案を加盟国に提示した。米国など多くの国が「特権」の固定化につながる拒否権付与に反対しているため、拒否権を制限することでG4への支持拡大を目指す。
 G4と対立するイタリアやパキスタンなどの「コンセンサス(総意)グループ」は時間をかけて加盟国の総意を得た上で国連改革を行うよう求めており、修正案に反発するのは必至。修正案提示による大幅な支持拡大は難しい情勢だ。
 アメリカがG4が常任理事国になった際に現在の常任理事国と同様の拒否権が付与されることに懸念を示しているから、15年凍結でアメリカなどの支持を取り付けたいのだろう。

私などは「常任理事国には無理して入ることはない。」という考えであるが、国連に対して世界政府か何かと誤った認識を持ち、幻想を抱いている日本人には常任理事国入りを望む者が多い。それらの者は例え拒否権がなかったとしても常任理事国になっただけで世界の一流国の仲間入りしたと大喜びするかもしれないが、拒否権が凍結されたまま常任理事国入りしたとして何のメリットがあるのか?任期がないだけで実態は常任理事国のままではないのか?

結局は拒否権の問題を先送りにしてとり合えず常任理事国の地位を得ようということだろう。しかし、修正案は15年間凍結するとしているが、15年後に解凍されるのか?たぶん15年後には解凍されることなく再び先送りされるのだろう。


追記:常任理事国入りに関しては、アジアで独占的地位を確保しておきたい中国や、自国を差し置いて国連の要職に着くことをひがむ韓国が明確な反対姿勢を示している。「世に倦む日日」というブログでは「消極的には日本に賛成だった中国や韓国が竹島問題などで日本が無礼をやらかしたから明確に反対姿勢を示した」と書いていたが、果たしてそうであろうか?このブログの筆者は小泉・町村外交が中国・韓国に対して間違ったスタンスをとっているから積極的な反対を示しているとしているが、逆に小泉・町村外交が常任理事国入りに対して今までにない積極性を示したロビー外交をし始め、中韓がありえないと考えていた常任理事国入りが、「もしかしたらあり得るのでは?」とあせり始めたからではないだろうか?


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-10 03:25 | ニュース(国内)