某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


戦争準備、着々と。。。

Excite エキサイト : 主要ニュース 『反国家分裂法案、台湾との戦争準備ではない=中国』
Excite エキサイト : 国際ニュース 『反国家分裂法案、台湾との戦争準備ではない=中国』
 全国人民代表大会(全人代)で採択される見通しの反国家分裂法案について、中国政府は台湾との戦争を準備するものではないと主張しているそうだが、明らかに嘘だろう。そりゃあどの国でも国内からの分離独立を認めるわけはない。しかし、台湾は歴史的・現実的にも中国の一部ではない。それは歴史の資料からも分かっていることであるし、国際的に承認されていないだけで、実質的にも独立国であるといわざるをえない。これに対して反国家分裂法をもって恐喝するのは他国への侵略行為だろう。ただ、中国は台湾の国家としての存在を認めていないので「内乱を制圧するための法律」というのなら「戦争の準備ではない」という発表も(中国側の立場から見れば)間違えではない。

 

 かれらの理屈では中国から続く大陸棚にある島々は全て中国領なのだそうだ。だから尖閣諸島やフィリピンやブルネイの目と鼻の先にある南沙諸島まで自国領だと主張している。彼等の中には「沖縄も本来中国の一部だ」と主張し始めている者もいるそうだ。
 現在中国は隣接しているほぼ全ての国と境界線問題を抱えている。ただ、国際法上や歴史的解釈からそれらの問題は中国側の方が屁理屈や歴史の歪曲、資料の改竄で侵略していることが明白となっている。自国内の法律で都合よく正当な理由つけて他国領を侵略していくこの国は北朝鮮並に危険だ。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-04 18:13 | ニュース(日中外交)
<< 「ちびくろサンボ」絶版の経緯 さらば夏目漱石、新渡戸稲造! >>