某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人種差別を助長しているのは市民団体なのでは?

Excite エキサイト : 社会ニュース 『<絵本>「ちびくろサンボ」復刊へ 瑞雲舎』
 馬鹿な市民団体によって「黒人差別を助長する」などとされ絶版になっていた岩波書店の絵本「ちびくろサンボ」が、瑞雲舎(東京都港区)から4月上旬に復刊されることが判明した。
 市民団体から「差別の助長につながる」という圧力がかかり、岩波書店をはじめ、20社以上から50点以上発売されていた「ちびくろサンボ」はこの世から抹消された。しかし、この話のどこに差別があったのだろうか?私の記憶する内容では差別といったものは見受けられない。虎が出てくるところでは幼少期に「黒人のいるアフリカとかに虎っていたか?」と違和感を覚えた作品ではあったが・・・。

 ここ数十年こういうわけの分からない市民運動が絵本にも多数見受けられる。「ちびくろサンボ」でいうと「米国では『さんぼ』は黒人への蔑称(べっしょう)」というのが市民団体の主張であったようだが、日本人のいったいどれだけが黒人の蔑称ということを知っていたというのだ?それに「ちびくろサンボ」は19世紀末にイギリスのヘレン・バンナーマンという女性が書いたものが原作である。私は「サンボ」という蔑称の由来は知らないのだが、もしかしたら絵本からきた蔑称なのかもしれないし、絵本が後であっても一々市民団体が吹聴しなければ国内では差別用語としては知られなかったわけだ。市民団体こそ差別を拡散しているのではないか?

 それにしても馬鹿な市民団体やヒューマニズム絵本作家によって絵本が改竄される酷い傾向にある。「かちかち山」ではウサギはタヌキを婆さまの仇と成敗する。しかし、最近の絵本ではタヌキを反省させて仲良く暮らすというものに変わっているそうだ。婆さまも婆汁にはされない。最後はハッピーエンドを迎える。猿蟹合戦でも同じだ。桃太郎でさえ鬼は成敗されず、反省して桃太郎や村人と和解するというものが出てきているのだそうだ。これらは作家達が「日本の昔話は残酷で、子供に読み聞かせるのには残酷さを無くしたほうがいい」という考えだからだそうだ。しかし、御伽草子から長い年月伝わってきたお伽話をこれらのものによって勝手にストーリーを変えてもいいのか?確かに時代に合わせてストーリーも若干変化するのだろうが、一番重要な核の部分まで変えることは許されない。上記しているお伽話も仇討ちなどから仇討ちと通じて恩を返すことの大切さや、悪は成敗されるということを子供の頃から教えるのにちょうどいいものだ。何でも仲良くなるハッピーエンドの話に変えるということはお伽話で一番伝えるべきことを書き換えている可能性もあるのだ。

 市民団体は絵本やお伽話が自分たちの基準で「差別」や「残酷」であるからといって、絶版や内容の書き換えをするべきではない。もし差別や残酷だと思うなら読み聞かせるときにその旨を伝えればよいのだ。子供は大人が思うより多感であり、飲み込みが早い。要は頭がいいのだ。下らない自己満足な差別撤廃運動をするべきでない。
 
【関連サイト】
「ちびくろサンボ」復刻を考える
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-03 12:43 | 書籍・漫画etc
<< Mi(エムアイ) のりぴーが母親役!? >>