某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


21世紀のメディアの形

c0052740_22534463.jpg ライブドアフジテレビの対立が激化している。政財界からはライブドア批判が出ているようだ。ライブドア堀江社長は当初ニッポン放送フジテレビHPを活かしきれていないと発言していた。ここで私は一つ考えることがある。21世紀は従来のように電波で画像を送ってくるテレビの時代なのか?ということである。
 現在NHKや民放各局はBSデジタル放送地上波デジタル放送の普及を推進している。テレビ局と視聴者が双方向にデータを送りあうことが出来、見たい情報(ニュース・天気予報・番組情報など)を調べることが出来るとされている。しかし、これらのことはインターネット上で簡単にできることである。はっきりいってデジタル放送になる利点とは画質や音質の向上ぐらいだろう。デジタル放送の技術・サービスの発展性はたかがしれているのではないだろうか?一方、最近ではパソコンにテレビチューナーを取り付けてパソコンでテレビを見たりビデオを撮る生活スタイルも普及してきており、テレビとパソコンの境界線が無くなってきているNECのパソコンのCMでも玉木宏山本太郎の「テレビ?」、「パソコンです!」というものが出てきている。私は今後この境界線はますます無くなっていくと考えている。そうなるとテレビとインターネットの相互協力が重要な戦略になるのではないか?今回のライブドア騒動ではフジテレビは一貫してライブドアの拒絶をしているが、今後のテレビのあり方を考えると考慮する余地があったのではないかと思う。それは今後のテレビの形がパソコンとのボーダレス化で大きく変わっていくと考えるからである。
c0052740_331693.jpg 例えば今後のテレビのあり方の一つにオンデマンド放送があると思う。オンデマンド放送では視聴者の見たい番組をインターネットを利用して視聴することが可能となる。放送終了後の番組や見逃した番組をオンデマンド放送することなどは視聴者から喜ばれるサービスであろう。この場合、グループ内にインターネット企業があれば何かと事業展開し易かったのではないかと思う。また、ニュース番組で流れた情報を詳しく知りたいときに系列新聞社の記事をすかさず読むことが出来るようにすることなどグループ企業の相互利用なども今後のテレビとインターネットのあり方として考えられる。現在各マスコミのグループはグループ内にテレビ局・新聞社・ラジオ局といったものから出版社・レコード会社まで多数の企業を抱きかかえているのに、それらの相互利用が不十分である。結局のところ自分たちの既存の枠組み(テレビ局ならテレビ放送、新聞社なら新聞紙面による情報配信)の中だけで勝負している。しかし、これではもったいない。折角のグループなのだから今以上に相互に協力し合えるようにしたほうが、各企業としても効果的であるし、利用者も便利であろう。その相互利用のアイテムとしてインターネットがあるのではないだろうか?
 テレビ各局もデジタル放送に拘るのもよいが、もう少しテレビという枠組みから離れたジャンルでテレビのコンテンツを生かすことを考えた方がいいのではないだろうか?
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-02-18 22:04 | ニュース(国内)
<< 大阪のおばちゃんじゃない! セントレア 出だし快調! >>