某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2枚舌か?それとも馬鹿なだけか?

Excite エキサイト : 経済ニュース
 輸入が再開されたアメリカ産牛肉に危険部位といわれる背骨が混入していた問題で、アメリカの農務省代表団が誤りに来たそうだが、「ただのヒューマンエラーだ」と言い切った模様で、今回もアメリカ牛のリスクについては問題なしという見解のようだ。彼らは表向きには「本来、アメリカ牛は20ヶ月以上であろうとも全く問題はないし、背骨が入っててもリスクはない。ただ、日本が背骨とかをとった20ヶ月以下じゃないと買わないといってるからそうしてるんだ」というスタンスだ。危険性を十分認識していてもだ。やはりバックについている畜産業界の票・金には代えられない。「国民の命など二の次!ましてや、相手は植民地ニッポンの者ども。日本人の健康問題などこっちに火の粉が降りかかることは無い。日本政府に尻拭いをさせたらいい」という腹積もりだからやってらんない。

 さてさて、米国歴代最も馬鹿として有名なブッシュ大統領であるが、他国を見下す「未文化の国には文明国アメリカが文明・知恵を恵んでやる必要があるんだ」という彼のスタンスを垣間見せる演説がアメリカ・カンザス州であったようだ。畜産関係者からの発言に応える形で以下のようなコメントをしている。
「ブルックリンの業者で不都合があったみたいだけど、(そんな些細なことで)日本市場が市場開放に尻込みするなら、我々の牛肉がなぜ安心か教えてあげなければならない
「安全性を理解できていないようだから教えてあげましょう」なんて図々しいにも程がある。「こいつ商売ってもんわかってないな!」と思わせるとともに、「小泉=ブッシュ」なんて蜜月の日米関係などと親米保守派は騒いでおるが、奴らは所詮は植民地の奴隷か野蛮人としてしか日本人をみてないってことだろう。情報統制のために「狂牛病は牛の病気!人とは無縁。」と本気で信じてる馬鹿なアメリカ人に狂牛病について教えてやりたいところだが、自分らは文明人、他は野蛮人っていうなら、日本人がお節介を焼く必要は無いだろう。彼らにいずれヤコブ病患者が爆発的に発生したとしても自業自得であるだけであるし・・・。

それにしてもブッシュの演説で一番こけそうになったのは以下のコメントだ。
「小泉総理や韓国の盧武鉉に会ったときに『カンザス牛が恋しいだろう』って言ったんだ」
ブッシュよ。君には残念なことだが、日本市場においてはアメリカ牛などは以前よりBクラスの肉だ。アメリカ牛が食べられなくなったとしても日本人の中に「アメリカ牛の味が恋しい」なんていうものは数少ない。「吉野家の牛丼の味がぁ・・・」なんていってるたわけ者もいるが、牛の味と調味料の味もわからん味覚音痴としかいいようがない。砂漠のようなだだぴろい土地で穀物などの混合飼料で何万頭と一緒に飼われているアメリカ牛と、一頭一頭手塩にかけて育てられた和牛ではどちらが美味いかなど言わなくてもわかるというもんだ。「和牛の味を恋しい」というのなら分かるが、「カンザス牛が恋しい」なんて日本ではありえんことだ。
まぁ小さな頃からその味に慣らされているからなのだろうが、ブッシュの味覚レベルの低さには同情してしまう(笑)
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2006-01-25 00:28 | 狂牛病問題
<< しばらくほったらかしでしたが 世帯毎というのがおかしいのでは... >>