某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


杉並区

 exciteなどのニュースでは採り上げられていないが、杉並区の教科書採択で扶桑社教科書が採択される可能性が強まっており、反対派のプロ市民が杉並区役所を取り囲むなどの大騒ぎがあったそうだ。反対派のプロ市民らの様子はテレビのニュースでみたが、相変わらずの反対運動で見ているほうが白けてしまった。

 やはり主張はいつもどおりの「戦争を賛美する教科書の採択を阻止する」や「この教科書は子供を戦争に行かせる教科書だ」というものだった。もう新興カルト宗教か何かじゃないかと思う・・・。

 このブログで以前にも書いたが、反対派の方々は「戦争を賛美している。侵略戦争を肯定している。」と主張するからには、どの記述が問題であるのか具体的に指摘していただきたい。(まぁろくに読まずに反対しているんだし、歴史についても無知なんだから無理だと思うが・・・)


 この杉並での反対派の動きで異常に思ったのは、傍聴を求めて区役所職員に詰め寄っている者達の様子だ。区役所は人数制限を理由に断っていたが、反対派は「傍聴したいのだから傍聴させろ」の一点張りだ。ただ、そんな反対派の主張が飲めるわけがない。傍聴人数を無制限にした場合、賛成派もしくは反対派が会場に詰めかけ、委員たちに圧力をかけることになる。私は傍聴はさせるべきだが、採択に傍聴人の圧力を影響させないため、採択をしている会議の様子を別室でモニターなどで見せるようにし、傍聴人の圧力などを感じさせないようにするべきだと思う。どうもプロ市民の馬鹿タレどもは、自分たちが絶対の正義で自己主張を通すためなら何でもありと思っているのではないか?と思う節がある。そろそろいい加減にしてもらいたい。


追記[8/5 11:00]
共同通信によると、杉並区民ら10人が扶桑社教科書の採択差し止めを求める訴訟を1日東京地裁に起こしたそうだ。採択された場合は仮処分申請もするそうだ。訴状によると以下のように主張しているそうだ。
一、扶桑社の歴史、公民の教科書は憲法や教育基本法に違反する内容の教科書
二、改憲を主張する教科書を採択することは憲法にある公務員の憲法尊重、擁護義務にも違反する
三、生徒の思想形成に重大な影響を与える
突っ込みどころ満載で私としては嬉しく思うと共に、こんなくだらない訴状を持ってこられて審議する手間を課せられた裁判官の苦労に同情するところである。
まず一についてであるが、扶桑社の歴史・公民教科書は他社の教科書同様、検定に合格した教科書である。憲法や教育基本法に違反していて何故検定に通るのか?
次に二であるが、憲法は国(行政・立法・司法)の指針となる最高法規であり、それを逸脱した行為をしたならば公務員の憲法尊重、擁護義務に違反していることになるが、憲法自体に改憲についての規定がある以上、公務員が改憲を主張することに問題はないのではないか?
最後に三であるが、「つくる会」や保守派論題によって自虐史観と批判されている他社の教科書も十二分に生徒の思想形成に影響を与えていると思うのだが?プロ市民らの歴史観に沿った教科書が子供たちの思想形成に影響を与えてもよく、他は一切認めないということは、彼らは日本という国を中国や一昔前の共産主義国家のような全体主義国家に変えようとしているのだろか?彼らの根本姿勢のほうが余程好戦的で戦争に突入しそうに思うのだが?そういえば、杉並の反対派プロ市民が区の職員に詰めいる様子は圧力で事態を自己に有利になるようにしようとするものだったな。彼らの方が好戦的=戦争大好きってのは既に周知の事実か(^^)
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-08-05 11:08 | ニュース(教科書問題)
<< 馬鹿じゃないのか? 大魔神引退 >>