某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


安全じゃないと思いますが・・・?

Excite エキサイト : 国際ニュース 【<BSE>米国で2頭目の感染牛確認】
 【ワシントン木村旬】米農務省は24日、牛海綿状脳症(BSE)に感染した可能性があるとしていた牛について、最終検査の結果、感染が確認されたと発表した。米国でBSE感染牛が見つかったのは、03年12月以来、2頭目。1頭目はカナダ産だったが、今回は米国産の可能性が高い。新たな感染牛確認が、米国産牛肉の輸入再開をめぐる日本での論議に影響し、再開の時期が遅れる可能性も出てきた。

 会見したジョハンズ農務長官は、感染牛について「感染源とされる牛の肉骨粉を別の牛に与えることを禁じた97年8月の飼料規制導入の前に生まれた」と説明。既に焼却処分されていて、「食肉としては流通しておらず、米国牛は安全だ」と強調した。感染牛の正確な月齢や生育地は「調査中」として公表しなかったが、「輸入されたという根拠はない」と述べ、米国産の可能性が高いことを示唆した.
 アメリカは今回発見された感染牛が食用として流通していないから安全と主張しているが、本当にそうなのか?今回の牛は以下のような行程を得て、感染牛ということが確認された。
 感染牛は、米農務省が昨年6月から、BSE症状とされる歩行困難な「へたり牛」などを対象に実施してきた検査で見つかり、同11月に1次検査で強い陽性反応が出た。しかし、「免疫組織化学検査」で陰性だったため、同省は「シロ」と判断。その後「研究目的」で行った簡易型の同検査では異常が認められたものの、同省は「検査法の不備のため」と判断し、シロ判定を維持した。

 しかし、今月上旬に、同省監査局の勧告を受け、別の確認検査「ウエスタンブロット法」で調べたところ、再び陽性になった。このため、同省は英国の研究所に検体を送って、最終検査を依頼していた。
 今回は、へたり牛を対象にした調査であり、1次検査でも強い陽性反応が出ていたにも関わらず、他の検査で陰性だったからシロと判定されていたわけだ。アメリカのようなへたり牛でもシロと判定されるような検査で、果たして歩行困難などの症状が出ていない牛から感染牛を選り分け、安全性を確保することは可能なのだろうか?また、日本へ輸出を予定している20ヶ月以下の牛も十分なプリオンが測定できないだけで、安全かどうかの科学的検証は未だ不十分なんじゃなかったか?

 アメリカは何が何でも輸入を再開させるともりのようだが、安全性が確保されない食品を輸入することは出来ない。アメリカ高官らは「交通事故で死ぬ可能性のほうが余程高い。(だからBSEのリスクなんか気にするな)」というような主張をしているが、冗談じゃない。日本政府は毅然とした態度で留保するべきだろう。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-27 16:17 | 狂牛病問題
<< 田村で金。谷でも金。母でも金! 今年の100kmマラソンは!? >>