某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大学も倒産する時代が到来!

Excite エキサイト : 社会ニュース 【萩国際大が民事再生法申請 定員割れ続き負債37億円】
 大幅な定員割れで経営不振に陥った山口県萩市の萩国際大(安部一成理事長)は21日、民事再生法の適用を東京地裁に申請、同地裁は保全命令を出した。負債総額は約37億円。文部科学省によると、定員割れによる経営難が原因で大学が同法適用を申請するのは初めて。
 萩国際大は山口県と萩市が計40億円を補助し、1999年に開学した4年制の私立大学。1学年の定員300人に対し、入学者は昨年度が22人、本年度が42人だった。
 2001年度には定員割れ対策として留学生の受け入れを増やしたが、入学を予定していた中国人留学生の在留証明書を広島入国管理局(広島市)が交付しなかったり、留学生多数が所在不明になるなどトラブルが続いた。
 萩国際大学など聞いたこともないような大学なので、とりあえず同大学のHPを見てみた。学科は国際学科と経営情報学科の2学科だけだったようだ。

 国際学科の目標には、「文化、言語、芸術などを幅広く学ぶことで、国際的、地域的コミュニケーション能力および自己表現力、想像力を持ち合わせた人材の育成を目指します。」とあった。何を学ぶ学科なのかこの目標だけでは具体的には何も分からない。ということで、学科内のコースを見てみると、「ゴルフ文化コース~グリーンで培う国際力~」と「コミュニケーションコース~言葉と歴史でアジアを紡ぐ~」の2コースのみ!ゴルフコースではゴルフを通じて国際人としての視野を身に付けさせるつもりだったようだ。もう一方のコミュニケーションコースは、コミュニケーションのあり方について学んで、コミュニケーション能力の取得と向上を図るつもりだったようだ。

 経営情報学科はありきたりのビジネス論などがカリキュラムとして組まれていたようだが、経営などに興味のある受験生はそれ相応の総合大学を狙うだろう。

 こんな内容では定員割れになったのも頷ける。

 この大学には、広島市の建築総合コンサルタント会社「塩見ホールディングス」が再生手続きの開始を条件に支援をし、会福祉系中心の大学にするそうだ。福祉関係の専門学校が多い時代だし、それならばそれなりの受験生も集まるだろう。

 これからは少子化の影響で、全大学の定員数の合計>受験者総数という時代が来る。カリキュラム内容や設備などが充実した大学は大学の勝ち組として受験生を確保できるだろうが(当然にそれ相応の努力が伴うが)、それらが整わない萩国際大のような大学はどんどん潰れていくだろう。


【関連サイト】
萩国際大学


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-21 18:49 | ニュース(国内)
<< 党員の言論の自由を守れよ! 面白くないんだから打ち切りも当然! >>