某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


外国アニメ締め出し

Excite エキサイト : 国際ニュース 【外国アニメ放映禁止へ 中国、国産品の振興狙う】
 【香港10日共同】日本や米国製のテレビアニメが人気の中国で、国内製アニメの振興を狙う当局が、ゴールデンタイム(午後5-9時)の外国製アニメ放映を禁止する見通しとなった。9日付の香港紙、東方日報が伝えた。
 いつから禁止されるかは未定だが、アニメキャラクターの関連商品の販売も規制される可能性があるという。世界貿易機関(WTO)協定違反の疑いもあり、内外で議論を呼びそうだ。同紙は、9月開園予定の香港ディズニーランドの客足減少にもつながりかねないと指摘している。
 中国では既に2000年から、各局が放映するアニメ番組の6割を国内製とすることを義務付けているが、中国中央テレビを除く地方の大半のテレビ局でこの規定が守られていない。このため当局はより強硬な措置に踏み切ったという。
 日本のアニメが中国のゴールデンタイムから締め出されることになったようだ。日本産アニメは上質で、アメリカやヨーロッパ、アジア全域で人気を博している。当然中国でも日本のアニメは大人気のようだ。作画だけならばテクニックや技術を磨けばなんとでもなるが、作品全体となると中国のものは日本のものには遠く及ばない。アメリカのアニメに対しても同様だ。このような現状では中国の視聴者は中国アニメを見なくなる。

 中国政府は自国のアニメ振興のためとして今回の方針を発表したが、これは一見すると自国のアニメ業界を振興させる目的のように思える。確かにアニメなどのコンテンツは外貨を稼ぐための重要な資源であり、それを振興させるのは経済面から重要方針といえる。しかし、犯質は別のところにあると私は考える。

 アニメは人に与える影響が大きい。子供たちが日本やアメリカのアニメを観続けると無意識に外国の影響を受ける可能性が高い。人民の思想を統制している中国からすれば、自分たちの意向に沿ったもの以外からの影響は極力避けたい。そのために、子供たちから出来る限り外国のアニメを遠ざけるために今回の方針が発表されたのだろう。

 現在中国のお隣の国、台湾では日本文化に心酔する若者が哈日(ハーリー)族と呼ばれている。彼らが日本文化に惚れこんでいるのは、台湾自体が親日的という風土にあるからということもあるが、それに加えて日本の音楽、漫画、アニメなどのサブカルチャーに影響されている点がある。

 台湾ならば日本の影響を受けた若者が多くなろうともそれが国の体制に与える影響は皆無である。逆に日本と台湾の交流が深まり、貿易や観光などの経済にプラスに働く可能性の方が高い。

 しかし、中国の場合、市場経済が急進し、共産党への求心力が失われつつある。これからの中国国内を纏め上げるには「反日」が重要となっている。今でも中国国内には台湾のような哈日族が出始めているのに、これらが広まって反日的な感情が人民から失われいくようなことは中国政府としてはなんとしても避けたい。

 子供のうちから親日の芽を摘んでおこうというのが今回の方針となっているのではないだろうか?


【関連記事】
Excite エキサイト : 国際ニュース 【<中国>ゴールデン・タイムの外国アニメ放映禁止へ】


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-11 05:57 | ニュース(日中外交)
<< 守秘義務はないのか? レジ袋を一律に有料化することに... >>