某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


見解の併記は当然の結果

Excite エキサイト : 主要ニュース 【韓国併合で見解対立=歴史共同研究の全文公開】
 日韓両政府の合意に基づき両国の研究者が参加した「日韓歴史共同研究委員会」の報告書全文が10日、日韓文化交流基金のホームページ上で公開された。焦点となっていた近現代の歴史認識では、1905年の第2次日韓協約(乙巳条約)や1910年の日韓併合条約の有効性をめぐる解釈で対立するなど、見解の隔たりの大きさが浮き彫りになった。
 日韓両政府は年内にもメンバーやテーマを新たに2期目の共同研究を開始する。今月20日に予定される日韓首脳会談で、歴史教科書問題を取り上げることなどで合意する見通しだ。
 報告書では、併合条約などについて、韓国側が「批准の手続きがなかった」「調印を強迫した」などと無効を主張、日本側は「形式的合意が整っていれば有効」と反論している。
 日韓の歴史共同研究の報告書全文が発表されたが、その内容は両国の見解の隔たりを改めて浮き彫りにしたものだったようだ。共同研究が両国間であやふやであることを明らかにするものであるならば、共通の見解も出せたかもしれない。しかし、歴史的事象についてどのように解釈するかは、それぞれの立場ごとに違ってくる。一つの事象をとっても、立場が異なれば違う見解が生まれるのは当たり前であり、今回のように日韓の見解が併記されるのは当然の結果であろう。


 共同研究について私は「無駄だ」という見解を出しているのだが、それには2つの理由があるからである。

 一つ目の理由は、先にも書いたように立場が異なれば見解が異なるのも当たり前ということだ。そして、もう一つは韓国の学者が置かれる事情というものがある。

 韓国では明治以降の日本と韓国の関係で肯定的な発言をした学者、識者は社会的に抹殺される傾向にある。彼らが研究結果から「日本の植民地政策の○○は韓国に△△という利益をもたらした」と発表したら、たとえそれが事実であろうとも「親日派=売国奴」として断罪される。
 今回の共同研究において、韓国側の学者は共同研究でどのような史料が示されようとも、韓国政府と韓国世論のもつ歴史観とは異なる見解を示すことは出来なかった。たとえ自分としては「日本側の言い分が正しい。韓国の見解の方が間違いなのでは?」と示すことは出来ない。このような境遇に置かれている学者との共同研究なのだから結果がこうなるのは明らかであった。


 共通の歴史認識を持つための共同研究は無駄であるし、無理である。今後も共同研究を続けるのならば、共通認識を持とうなどということは諦め、日本側の見解を明確に示すことに力を注いだほうがいいだろう。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-06-11 05:05 | ニュース(日韓/日朝外交)
<< レジ袋を一律に有料化することに... 交渉決裂か!? >>