某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


60年目の終戦

Excite エキサイト : 国際ニュース 【<旧日本兵>フィリピン・ミンダナオ島で生存情報?】
 【マニラ大澤文護】在フィリピン日本大使館は26日、フィリピン南部ミンダナオ島で旧日本兵と思われる80歳代の男性2人が大使館員との面会を求めてきたと明らかにした。大使館員が27日、同島ジェネラルサントス市内のホテルで2人と面会する。
 私は一昨年末にマレーシア・スマトラのジャングルに行っていたのだが、その際に同行者らと冗談で「これだけのジャングルなら小野田さんみたいな生き残りの日本兵がおってもおかしくないぞ」といっていたのだが、やはり小野田さんや横井さんが最後の日本兵だろうと思っていた。ところが、今回フィリピンのミンダナオ島で実際に日本兵が取り残されていたことが確認、保護されたようだ。

 インドネシアの独立戦争については以前このブログで教科書問題を採り上げた際に少し書いたのだが、日本兵のなかには現地に残って戦い続けたものが多くいたようだ。欧米が再び植民地化を狙って侵略してきたのを共に戦ってきた現地民と共に戦おうと考えて残ったそうだが、中には戦時中に現地の女性と恋におちてそのまま現地に残った者も多かったといわれている。また、引き揚げに合流できずに現地に取り残された日本兵も多かったようだ。

 保護された二人は旧陸軍第三十師団捜索第三十連隊第三中隊の元中隊長、山川吉雄中尉(87歳:大阪市西区出身)と中内続喜上等兵(83歳:高知県明治村(現越知町)出身)だそうだ。80歳をとうに超えているが、お二人ともいたって健康だそうだ。この二人は部隊の引き揚げに合流できず、現地に残っていたようだが、彼らの他にも40人ほどの日本兵が山岳地帯に住んでいるそうだ。彼らは皆高齢となっており、帰国を望んでいるようだ。今回保護された二人は本人と確認し次第帰国できるよう手続きがとられるそうだが、日本政府には残りの方々も早急に帰国できるよう務めてもらいたい。

 日本では終戦60年といっているが、彼らにとっては60年たってやっと終戦を迎えるわけだ。


人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-05-27 12:16 | ニュース(国内)
<< この騒動が、日本が韓国と情報共... あと1勝!! >>