某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アジアでの対日感情は如何に!

「めざましどようび」のHPはこちらをクリック 先週土曜日の「めざましどようび」の「ニュース ココまで調べました」というコーナーでアジア各国での対日感情のリサーチ結果が発表されていた。街頭でのインタビューなどのため、正確な世論調査とはいかないが、興味深い結果であったのでこのエントリーでレポートしてみる。

 番組では、まず初めに、街頭の日本人に「日本はどう思われている」という街頭インタビューを行ったそうだ。すると、以下のような結果が判明したようだ。
好かれている 28%
嫌われている 58%
どちらでもない 14%
日本人のアジア感が中国・韓国が中心となっているから、反日運動を見て嫌われていると思っていることと、自虐教育で「日本はアジアでとんでもない迷惑をかけ、いまだに嫌われている」と教わってきたことが影響しているのだろう。

そこで、番組では歴史年表をもとに日本と関係の深いアジア諸国を調査することにしたそうだ。以下の日本人の旅行者数リストに赤字で表記した国がリストアップされたそうだ。
日本人旅行者が行くアジア
1位 中華人民共和国
2位 大韓民国
3位 タイ王国

4位 香港
5位 台湾
6位 シンガポール

(国際観光振興会しらべ)
この国々の街頭でスタッフが現地の人々に「日本のことをどう思っているのか?」と街頭アンケートを行ったそうだ。





中華人民共和国
日本人訪問者数 333万4255人 (2004年度)
好き 20%
嫌い 75%
どちらでもない 5%

中国における日系企業進出数 1万6236社
(2003 中国対外経済 統計年鑑しらべ)
 街頭で応えている中国人の反応は、一連の反日運動で語られているものとそう変わりなかったが、一方で、「日本の歌が好き」とか日本製品を使っているといった矛盾があるようだ。中国経済に詳しいエコノミストなどによると、日本製品や文化、日本の発展にあこがれると共に、愛国教育の反日感情もあり、その葛藤があるようだ。

大韓民国
日本人訪問者数 244万3070人 (2004年度)
好き 12%
嫌い 86%
どちらでもない 2%

韓国における日系企業進出数 7722社
(2003 韓国貿易協会しらべ)
 中国よりも日本嫌いが多い結果となっている。街頭インタビューを受けている若者やおばさんは竹島問題が出てから日本製品は使っていないし、今後買うつもりはないと応えていた。実際に街のカメラ店に行くと製品の99%が日本製品のため、閑古鳥が鳴いているそうだ。しかし、それほど日本製品の不買や不使用が叫ばれている割には、街角に日本製品が粗大ゴミとして山積みになっているという話は聞かない。また、韓国製品には日本の技術が色々と使われているそうだが、日本技術は排斥の対象にはならないのだろうか?韓国国民は、日本製品を拒絶するからには、日本の特許などの使用をやめて独自の技術を開発するべきじゃないのか?

台湾
日本人訪問者数 88万7311人 (2004年度)
好き 93%
嫌い 4%
どちらでもない 3%
 台湾の現在の教育では、日本が50年にわたる植民地支配の間に台湾が経済、教育、建築等の面で近代化を進めたことをちゃんと教えているようだ。現在も八田與一などといった台湾近代化に尽くした日本人が尊敬を集めていることからも日本の植民地時代が正確な歴史として伝わっていることが窺える。また、カラオケBOXといった台湾で流行中の日本のサブカルチャーも日本への高感度を挙げる面で一役買っているようだ。

シンガポール
日本人訪問者数 88万7311人 (2004年度)
好き 94%
嫌い 6%
 シンガポールは華僑が国民の大多数を占め、日本軍のシンガポール占領も教科書で12ページにもわたって記載している割には非常に好感度が高い。街頭インタビューの男性(華僑系)は「観光地として魅力的だし、人々はとても優しい」と応え、別の男性(インド系?)は「日本は近代的で最新技術を持っているから」と日本が好きな理由を応えていた。ある男性は「“戦争”は終わったんだ。次世代に持ち越すべきではない」と応えていた。シンガポールの人々は戦争の事実は事実としてとらえながら、それを次世代に持ち込まず、日本の現状を見て評価しているようだ。そのシンガポールでは最近日本食ブームで、たこ焼きなども彼らの口に合うようアレンジされながらも日本の庶民の味としてシンガポールに溶け込んでいるようである。

タイ
日本人訪問者数 104万2349人 (2003年度)
好き 96%
嫌い 4%
 私も何度かタイを訪問しているが、その度にタイの人々に良くしてもらっている。彼らは日本への憧れと共に、やはり長年の付き合いからか日本に好感を持っているようだ。また、反日の中国・韓国では日本企業の進出を経済の侵略といい、日本製品排斥が叫ばれているが、親日国のタイでは、物をいつまでも大切に使うタイの国民性にあうということで、使い易く壊れにくい日本製品が好まれているそうだ。

 このように各国でのデータを見比べてみると、日本人はアジアで嫌われているというわけではないようだ。シンガポールのように教科書に日本の占領期について多く書かれている国でも日本は嫌われていないようだ。ただ、シンガポールの場合、日本について多くのページをとっているといっても、(真偽が定かでないものも含む)日本の悪行を書き綴って反日精神を受け付けつようとしている中国・韓国の教科書とは違うようである。やはり、中国や韓国の反日感情は、偏屈した反日教育によることが窺える。

 日本国や日本人もアジア=中国・韓国と考え、アジアに引け目を感じるのではなく、もっと広いアジア感をもって、アジア諸国と付き合う必要があるのではないだろうか?

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-19 03:49 | ニュース(海外)
<< あえて戻る!? 和解 >>