某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


僕の生きる道

Excite エキサイト : 社会ニュース 【<高3男子自殺>テストの答案返却後、校舎から飛び降り】
 福井県大野市新庄、県立大野高校(山岸一男校長)で、3年生の男子生徒(17)が授業中、採点後の試験答案を返され、教室を出た直後に校舎3階から飛び降り自殺していたことが13日、分かった。答案返却の際、担当教諭がもっと頑張るよう言ったといい、県警大野署で動機を調べている。

 同署の調べや同校によると、生徒は12日午後3時ごろ、7時限目の授業中、非常階段のコンクリート製手すり(高さ1.2メートル)を乗り越え、約9メートル下の空き地に落下。頭などを強く打ち、間もなく死亡した。

 化学の授業中で、春休みの課題の試験結果が発表され、男性教諭(40)が、全員に出来が悪かったことを注意したうえ、一人一人に「この点数では志望校は難しい」などと声を掛けながら答案用紙を返却。男子生徒はそれを受け取った後、無言で教室を出た。男子生徒は普通科の理系コース。同校の教頭は「おとなしい性格で大学進学を目指していた成績上位の子。教諭も特にこの生徒に厳しく言っていないと聞いている」と話している。

 同校は福井県東部の進学校。13日朝、緊急の全校集会を開き、山岸校長が状況を説明し、命の大切さを訴えた。【毎日新聞:佐藤孝治、田辺一城】
 亡くなった学生には失礼かもしれないが、まったく馬鹿げた話である。まだ、時期的には春である。推薦入試でもまた半年近くあるし、受験シーズンの来年までも9ヶ月以上だ。その時期にテストの点が悪くて「この点数では志望校は難しい」といわれた程度で死ぬなど馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。

 この自殺のニュースで私が思い出したのは、草彅剛主演のドラマ「僕の生きる道」の第2話だった。第1話で余命一年と宣告された中村秀雄(草彅剛)が、人生を儚んで自殺未遂をした後、これからの1年の生き方によっては今までの28年より充実した人生を送れるということを悟り、受験まであと一年とあせる生徒に語るシーンがある。
「ここに一冊の本があります。この本の持ち主はこの本を読みたいと思ったので買いました。しかし今度読もう今度読もうと思いつつすでに1年が経ちました。この本の持ち主は本を読む時間がなかったのでしょうか?多分違います。読もうとしなかった、それだけです。そのことに気付かない限り5年経っても10年経っても持ち主はこの本を読むことはないでしょう。」
「受験まであと1年です。みなさんの中にはあと1年しかないと思っている人もいるかもしれません。でもあと1年しかないと思って何もしない人は5年経っても10年経っても何もしないと思います。だから1年しかないと言っていないでやってみましょう。この1年やれることだけのことやってみましょう。」
 この亡くなった生徒はあと半年から9ヶ月以上もあるとは考えられなかったのだろうか?

人気blogランキング
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-14 02:09 | ニュース(国内)
<< 恋におちたら~僕の成功の秘密~ 「シルク・ドゥ・ソレイユ」TD... >>