某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


歴史・公民教科書報道 in 読売新聞

 検定合格発表から一夜明けた新聞は各社とも自社の特色を色濃く反映したものだったといえよう。産経新聞は反自虐史観教科書を作っている立場から、今までの他社の教科書と今回の検定に合格した他社の教科書の自虐的問題点をしている。一方で、朝日新聞は「つくる会の教科書はこれからの国際社会で生きる子供にふさわしくない」と異常ともいえる一社だけを狙い撃ちした偏向報道を行っている。この2社は教科書問題に直接的なかかわりが深い。片方は出版元で、もう片方は直接的に採択反対運動をとっている。そこで、教科書問題と直接的な因果関係がなく、国内最大発行部数を誇る読売新聞の社説を読んでみる事にした。

4月6日付・読売社説 [歴史教科書]「検定、採択は日本の国内問題だ」
中国・韓国・朝日新聞、そしてサヨク市民団体にとっては、従軍慰安婦に関する記述をしている教科書が一社に減ったことに対して、読売新聞社説ではその背景をわかりやすく解説している。 
 歴史教科書に従軍慰安婦についての記述が登場した背景には、慰安婦はすべて強制連行によるものという誤った歴史認識が内外に広まったことがあった。
 日本の一部勢力が、戦時の「女子挺身(ていしん)隊」という勤労動員制度について、「慰安婦狩り」だったかのように、喧伝(けんでん)したためである。
 その誤りが明らかになった以上、慰安婦に関する記述が教科書から削除されるのは、当然のことだろう。
 慰安婦は民間の人買いによって親元から売り飛ばされた娘などか、もしくは高給であるから就職した今でいう風俗嬢であったことは史料から明らかであり、また、軍部が直接・間接に慰安婦徴収に関与した事実も確認されていない。しかし、サヨク市民団体やそれに支持される学者らは史料による裏づけもされていない事柄を教科書に記載させていたわけだ。不確定な事柄にさも事実であったかのような予断を与える教科書内容は当然削除されるというわけだ。

 また、検定制度についても朝日新聞は、「両国で領有権を主張している竹島を韓国に不当占拠されていると修正させる必要はない。これでは国定教科書と変わりない」といったトリッキーな屁理屈をこねている。当初扶桑社の公民教科書は、「韓国とわが国で領有権をめぐって対立している」と書いていたが、それが検定によって「韓国が不法占拠している」に修正された。これはこの部分を執筆した扶桑社側の執筆者に領土問題への認識が欠如していたといわざるを得ない。当然検定に引っかかるものであるし、修正が求められる。この件に関して読売新聞は一行で済ませている。
教科書に領土問題を記述する場合、日本政府の見解を反映させるのは当たり前のことだ。
短い文だが、普通のことを書いているだけだ。朝日新聞のような主張の方が異常であって、この修正についてあえてどうこういう方がおかしい。それに領土問題というシビアな問題は教科書にも政府見解を正確に記述する必要がある。だから扶桑社の当初記述ならば修正が求められて当然なのだ。ただ、朝日新聞自体が検定制度に否定的であるようだからこのような馬鹿げた理屈が出てきたのだろう。

 読売新聞社説は前回の採択の際に、扶桑社教科書反対派が行った陰湿な反対運動を忘れず記載している。あれは脅迫以外の何者でもなかった。採択しそうな地域があるという情報が得られると朝日新聞が紙面上で「あの問題の歴史教科書が○○市で採択か?」と報道し、サヨク市民団体が退去して押しかけ、採択に関係する教育委員の住所・電話番号の情報が団体ででまわって脅迫電話がされるなどテロである。朝日新聞などは「そんなことあったっけ?」という風であるが、この扶桑社教科書の検定・採択を語る上では避けては通れない問題だ。この点を記載しているだけでも、読売新聞は星3つだ。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-07 01:08 | ニュース(教科書問題)
<< 歴史・公民教科書報道 in 朝日新聞 何故内容を知っているんですか? >>