某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ゆとりから脱却

Excite エキサイト : 社会ニュース 【脱ゆとり、16年前の厚さに 文科省の中学用検定】
 文部科学省は5日、来春から使用される中学校教科書の検定結果を公表した。学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」が中学で初登場し、学力低下を受け練習問題も増加。ページ数は現行に比べ数学と理科がともに23%増えるなど、ゆとり路線のスリム化から一転、教科書の厚さは16年前の水準に戻った。
 現行教科書で消えた理科の「イオン」「進化」「元素周期表」のほか、数学の「二次方程式の解の公式」など高校レベルの内容が、軒並み発展的内容として復活した。
 ゆとり教育からの脱却の方針から、教科書の分厚さが16年前の水準まで戻ったようだ。現行教科書から削除されて高校教科書に先送りされていた内容が復活しているようだ。ただ、教科書が分厚くなったり、内容が復活したからといって教える立場の教員が今のままのレベルであったら意味がない。ゆとり教育の脱却のためには教員のレベルの向上も共に図るべきだ。

 社会科では、従来の教科書を自虐的と批判する「新しい歴史教科書をつくる会」が主導、扶桑社が発行する歴史と公民の教科書が前回2000年度検定に続き合格。
 日韓が領有権を主張する竹島について「韓国が不法占拠」との記述もあり、外交懸案として、教育委員会などの採択状況も焦点となりそうだ。
 教科書といえば、何かと話題になる扶桑社の歴史・公民教科書であるが、問題なく検定に合格した模様だ。中国や韓国、それに日本のサヨク市民団体などは、「過去の戦争・植民地化政策賛美の問題教科書だ」と主張し、前回の教科書採択の際には、朝日新聞と市民団体がルール逸脱・脅迫紛いの採択反対運動を繰り返していた。最近の中韓との外交でも必ずといっていいほどこの教科書が争点に上る。そこで、先日この歴史・公民教科書を購入して、歴史教科書を読んでみた。感想は、「そこに戦争や植民地化を賛美する内容があるのか?」というものであった。中国・韓国の人々には日本語だから正しく理解できずに、日本のサヨク市民団体や朝日新聞からの歪曲された内容を鵜呑みにして反対してしまうかもしれないが、どう読んでみても、この教科書がサヨクの主張する内容だとは思えない。サヨク市民団体の方々の読解力の無さがうかがい知れる。もしかしたら、この人達にもゆとり教育による影響が現れているのかもしれない。

 私が読んだ限りでは、この教科書は、確かに内容は他社の歴史教科書より濃く、ボリュームのあるものだろうが、戦争を賛美しているものではなかった。多感な中学生に使うことになんら問題は無いと思われる。逆に、他社の教科書では内容が薄っぺらく、役不足としかいいようがない。中学卒業後の高校・大学で歴史を勉強する場合にはこの扶桑社歴史教科書レベルの知識は必要最低限知っておいた方が理解も進むことだろう。特に大学受験で高レベルの日本史の知識が必要な場合、山川の歴史教科書が使われる場合が多いが、この教科書は内容がかなり濃い。中学までに薄っぺらい知識のままこの教科書を利用すると大変である。歴史が好きなものならばそれも苦にならないかもしれないが、そうでない者ならば、扶桑社の歴史教科書を購入して独自に勉強することを勧める。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-05 17:11 | ニュース(教科書問題)
<< やるだけやってこい! 大魔神、離婚から同棲・再婚へ >>