某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「TVのチカラ」は配慮に欠けていないか?

 昨日、テレビ朝日系で放送されていた「TVのチカラ」という番組で、先日当ブログでも取り上げた大阪府岸和田市の会社員薮野優子さん殺害事件が取り上げられていた。この番組では未解決事件を取り上げ、番組でも調査することで事件を解決しようとするもののようだ。
 この薮野さんの失踪の件では、薮野さんが岸和田の紙屋町のだんじりに関するサイトを立ち上げていたことから、大阪泉州地方のだんじり関連サイトでも情報提供が呼びかけられていた。結果は、薮野さんの交際相手であったトラック運転手大橋利彦容疑者が逮捕され、遺体が泉南市山中で発見されるという残念なものとなった。昨日の放送ではその事件を発生直後からの再現VTRや番組捜査の映像、そして動機についてなどが採り上げられていた。私はこの番組を見ていて、番組そのものへの疑問を感じずには入られなかった。

 まず、薮野さんと大崎容疑者との関係性についての報道であった。番組での取り扱いは、「何の落ち度もない薮野さんは大崎容疑者に騙され続け、いいように利用された挙句に殺害されたのであり、悪いのはすべて大崎容疑者だ」というものであった。では、実際のところはどうだったのであろうか?それは当事者間でしかわからないことだし、今後の検察・警察の捜査、裁判の過程で明らかにされるものである。また、薮野さんは夫がありながら大崎容疑者と不倫関係を続けていたという事実があり、また、大崎容疑者の妻が「不倫で人の家を滅茶苦茶にした」という発言をしていることもある。明らかに薮野さん側にも落ち度があったといえる。もちろん、落ち度があるからといって殺されても仕方がないということではないのだが、この番組のように、容疑者が何もかも悪いという一方的な予見を視聴者に与えるのは危険ではないだろうか?
 それに、岸和田や忠岡は狭い町である。検察・警察の捜査や裁判の結果、番組内容とは異なる事実が判明したり、認定されたとしても、地元では番組での予見が事実とみなされ、あらぬ噂が立てられたり、容疑者家族が迫害にあう可能性が十分考えられる。番組制作者は、容疑者家族の人権などはどうでもいいと考えているのであろうか?

 次に、共犯者の可能性や犯行場所の特定などを番組が捜査している点にも疑問を感じる。仮に共犯者がいたとした場合、その共犯者は未だ逮捕されていないということになる。この番組報道によって共犯者が証拠の隠滅を図ったり、自殺するようなことになった場合どうするつもりだったのだろうか?また、容疑者宅の周辺で聞き込み調査を行っているが、これが証言者らをミスリードする可能性もありうる。祭り前日という特徴的な日であったとしても、200日前のことなのだから、はっきりとしたことは言い切れないはずである。「そういうことがあったような気がする。」という近所住民の記憶も、度重なる番組の聞き込みによって「そうだった。間違いない!」と断定するものとなりうる。そうなれば、今後の警察の捜査などのときに、事実とは異なるが証言者がそうだと思い込んだ証言によって事件そのものが誤った方向にミスリードされる危険性もある。番組の捜査が、警察などの捜査をかき乱す結果になりうるという自覚が番組制作者らに欠けていると思われる。
 それに、先にも述べたように岸和田・忠岡といった田舎町では何事も噂になりやすい。事件に何の関係もない者が「共犯者でないか?」といらぬ疑いをかけられる場合も十分にありうる。そのあたりに対しての配慮も欠けている。

 そして、最後に疑問に感じるのはこの番組の超能力捜査官というものである。番組HPなどにはその超能力者の実績が仰々しく記載されている。いくつかの犯罪捜査に協力もしているということも書かれている。しかし、その超能力の信憑性などはあやふやだとしかいいようがない。捜査協力の程度もどの程度かうかがい知れないし、解決したという事件も自分の手柄を誇張している可能性がある。実際に解決したとしても、その事件でたまたま偶然当たっただけかもしれない。それにこの様な超能力者や占い師の発言というものは、後でどのようにも解釈できるようなものであったり、誤魔化しが聞くようなものである。昨日の放送でも、超能力者の婆さんが言っていた遺体放置場所と実際の発見場所はまったく違うものであったが、「犯人が最初に海に捨てようと考えていた思念が強すぎたから」という苦しい言い訳をしていた。超能力捜査官といっても眉唾である。
 それに番組を盛り上げるためにヤラセをしているのではないかという疑いもある。昨日の放送でも超能力者が犯人像を言い当てていたということを放送していたが、番組側から事前に「このような男が捜査線上に上がっている」という情報を与えていた可能性も十分にありうる。
 この超能力捜査官などは所詮は番組の盛り上げ役、または、カルト的なものが好きな視聴者を釣るためのエサでしかないだろうか?実際に起きている事件に対して、このようなあやふやな者を番組を盛り上げるために使うことは不謹慎であろう。

 この番組は、忘れられそうな事件を再び問題提起や、実際に事件解決への貢献、警察が事件性に確証を持てず捜査に踏み切れない案件の捜査など、社会的貢献度も大きいとは思う。しかし、制作者側に慎重さに欠ける点など問題点も多い。もう少し番組について考え直した方がいいだろう。

【関連サイト】
TVのチカラ
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-04-05 15:34 | 映像etc
<< 大魔神、離婚から同棲・再婚へ がんばれ中村! >>