某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本の俳優らはリチャード・ギアの爪の垢を煎じて飲んだ方がいい。

Excite エキサイト : 芸能ニュース 【リチャード・ギア、中国政府批判】
来日記者会見後、中国の反国家分裂法反対を訴えるリチャード・ギア 米俳優リチャード・ギア(55)が中国政府への怒りを爆発させた。ギアは28日、都内で行われた映画「Shall we Dance?」(ピーター・チェルソム監督、4月23日公開)の会見に出席。終了後、にこやかに写真撮影に応じていたが、突然、壇上から降りて司会者のマイクを奪った。「映画に関係ないけど」と前置きした上で「中国で反国家分裂法が制定されたことに強く反対します。小泉首相の見解と同様、中国に武器が輸出されることを絶対反対します!」。約600人の取材陣を前に、最後は胸の前で両手を合わせて訴えた。同法は、台湾が中国からの独立を宣言した場合に武力行使を容認するというもので、台湾で反対運動が起きている。
 ギアはこれまでも中国政府批判を繰り返してきた。93年にはアカデミー賞授賞式にプレゼンターとして出席し「中国政府がチベットを抑圧している」と発言。政治的発言をしたとして、その後の同賞授賞式から追放された経験もある。
 今日29日、ギアは小泉首相を表敬訪問する。一部で「似ている」といわれた小泉首相との初対面に「すごく楽しみにしているよ」とコメントした。
 アメリカという国は新興国家であり、アメリカ史というものは短い。そのため、長い歴史をもつ支那に幻想を抱き、ロマンを見出すアメリカ人が多い。そのため、したたかな中国人の手の上で踊らされたアメリカ人は非常に多い。クリントン政権は中国にいいようにあしらわれ続け、日米関係を軽視した外交をとっていたし、先の大戦中もアメリカは蒋介石の率いる中国国民党にいいように利用されていた。

 しかし、一方では、近年中国のイカサマを見抜いているアメリカ人も増えてきている。経済関係の学者やシンクタンクの研究者らには中国経済がイカサマのデーターであることを指摘しているものも多数入るし、中国の人権弾圧の現状を猛烈に批判している政治家や識者、芸能人、市民団体なども多い。中国に対してNOを言えるものがちゃんといるわけだ。

 一方で、わが国ではどうであろうか?一昔前に比べると中国に対して批判するものは増えてきているが、政府としては軋轢を避けるために批判はしないようにしている。内政干渉をうけても、官房長官が国内向けに「冷静に」と繰り返してやり過ごそうとするだけで、抗議をしようとはしない。また、中国から理不尽な要求を突きつけられても、「中国が常に正しい!」と主張する悪魔(あさひ)新聞が「中国の言い分に耳を傾けよう」と反論する思考を停止させようと運動する。また、中国が今現在チベットやウイグルで実際に行っている人権弾圧も報道しない。識者や芸能人も、このような人権弾圧国家に対してなんら疑問も持たずに中国公演などを行っている。どうもわが国の識者・芸能人は「反戦・平和」など馬鹿でも思いつく運動には熱心だが、中国の人権弾圧など複雑な問題になるとまったく興味を示さない傾向にある。リチャード・ギアの爪の垢でも煎じて飲んではいかがだろうか?人格的に成長することだろう。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-29 13:16 | ニュース(国内)
<< 草なぎは「想定内」、ホリエモン... スマトラ沖で大規模余震-その2- >>