某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


これからのテレビの型

USEN、500番組ネットで無料放送・CMなどで収益
  有線放送大手のUSENは4月から、映画や音楽など500番組を家庭のパソコンに無料配信するブロードバンド(高速大容量)放送を始める。市場が拡大しているインターネット広告やCMを収益とする。一定の通信速度を確保できれば、好きな番組を見たいときに視聴できる。テレビ局と類似の事業の提供で、放送と通信の垣根が下がりそうだ。

 新サービスは「GyaO(ギャオ)」。ギャガ・コミュニケーションズなどグループ企業が持つ映画や音楽のほか、テレビ局から購入した番組や、独自制作したニュースも放映する計画だ。番組を試聴するには、USENのサイトに接続し、利用者の性別やメールアドレスを登録する。ADSL(非対称デジタル加入者線)など通信速度が毎秒1メガ(メガは100万)ビット以上の通信環境を整えれば、特別な受信機がなくても視聴できる。総務省によると1メガビット以上のブロードバンド通信利用者は昨年9月末で1763万件。 【日本経済新聞
 今朝の日経新聞1面の真ん中辺りに載っていた記事であるが、USENがブロードバンドを利用して映画や音楽などの無料配信を開始するそうだ。最近メディアとインターネットの融合の形が色々と議論されているが、このUSENの方式などはまさにメディアとネットの融合だと言えるだろう。
 
 現在のメディアとインターネットとの融合という話では、インターネットはパソコン、テレビ番組はテレビで見るという型にはまったなかで話しがされているように思う。特に既存メディアや政治家などは完全に型にはまっている。しかし、現在はパソコンでテレビを見るというライフスタイルも普及してきている。私も自室でテレビを見る際にはパソコンでテレビを見ている。現在は電波で送られてきている番組をアンテナで受けて、それをアンテナ線をパソコンに繋いで見ているわけだが、これは(回線の容量が十分であれば)通信回線で送られてきても構わない。テレビは電波で送らなければならないという時代はとっくに終わっているわけである。

 テレビ局には今まで放送してきた膨大な数の番組がコンテンツとして保管されている。ドラマなどはたまに再放送されるなどして利用されてはいるが、その価値を生かしきれていないというのが一視聴者からみた感想である。最近放送された番組やニュースなどはCMをはさむなどして無料で放送し、過去の放送した番組は一番組ごとに有料で配信するといったオンデマンド放送を行うとテレビ局にとっては大きな収益を生む新規事業となることだろう。既存のテレビ局もUSENを見習って配信サービスを始めたほうが良いと思う。

 現在世間を騒がしているニッポン放送買収劇では、当初ライブドアが「インターネットが既存メディアを取り込むか」と主張し、フジテレビは「テレビは生き残る」ということを主張していた。また、地上波デジタルを推進している政治家からは「双方向テレビがインターネットを取り込む」などという怪論まで飛び出している。私はこの件に関しては、既存メディアとインターネットの境界は無くなるが、それでも既存メディアが無くなってしまうことはないと考えている。むしろより重要になってくると考える。いざ番組をネット配信するとなっても、そのコンテンツを作る役割を担うものが必要だ。番組を供給する形は変わるだろうが、既存のメディアは番組を配信する供給元として今以上に重要な役割を果たすことを迫られることだろう。

【関連サイト】
株式会社USEN

[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-27 18:29 | ニュース(メディア再編)
<< ドラえもん+ 楽天 大敗!! >>