某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みのもんたは批判できない。

みのもんたフジ批判「経営者の責任」
 28日からTBS朝の情報ニュース生番組「朝ズバッ!」(月~金曜午前5時半)の司会を務めるみのもんた(60)が23日、都内の同局で制作発表を行った。朝、昼2本の帯番組を抱えることになったみのは「夜の『ニュース23』もやらせてほしい」と笑わせた。また、ライブドア問題について「自社株の動きも把握せずに『まあ大丈夫』とやってきた企業経営者の責任。斉藤道三や織田信長が出てきた時に安穏としていた大名たちと同じ。情けない経営者は一掃しないと」とフジ側を批判した。同局は、昼の帯番組「きょう発プラス!」(月~金曜午前10時50分)、夕方の帯番組「イブニング・ファイブ」(月~金曜午後4時54分も発表。
 今回のニッポン放送買収騒動は、ニッポン放送とフジテレビの経営者としての甘さに原因があることは明白である。日枝会長らフジサンケイグループ経営陣は批判を受けても仕方がない。しかし、それをみのもんたが批判する立場にはない。これは、みのがフジなどのテレビでレギュラーを持っているからなどといった理由からではない。経営者としての責任を果たしていないという点においては、みのの方がよほど悪質であるからである。

 以前にも書いたがみのもんた(本名:御法川法男)はテレビタレント・司会者としての顔のほかに、水道メーター製造会社ニッコクの代表取締役社長も務めている。ニッコクはみのの父親で、先日他界した法川正男が元々経営していた会社である。みのは、文化放送アナウンサー時代に人事異動で営業部に配置転換され、「左遷された」と受け取って退社した後に、ニッコクへ入社している。その後、正男氏が一線から退いてからは社長となり、タレントとの二束の草鞋で活躍して現在に至っている。現在はみののタレント業のマネージメントも行っている。

 このニッコクであるが、過去に3度の談合事件を起こしている。最初は97年で、2度目は03年。家宅捜査も受け、担当者が有罪判決を受けている。そして今年になってからも東京都発注の水道メーター談合事件に加担し、公取委から独禁法違反で排除勧告を出され、課徴金の納付を命令されたことが発覚している。この3回でみのもんたが経営者としての責任、社会的影響の大きいタレントとしての責任をなんら果たしていない。3回も繰り返しているとなると確信犯・常習犯である。本来なら、島田紳助のように、「思いっきりテレビ」や「ミリオネア」といった自分がメインを務めるレギュラー番組の出演を当面自粛するべきだろう。自分が経営者として、タレントとしてなんら社会的責任をとっていないものが、テレビや記者会見の場で経営者の責任などを語るのなど言語道断である。

 みのもんたは報道番組を担当する資格もなければ、フジ経営陣や社会保険庁を批判する資格もない。まずは自分のミソギを済ませてからモノを語るべきであろう。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-25 02:37 | ニュース(国内)
<< NHKの開会式中継 のんびりアトラクションが絶叫マ... >>