某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


南セントレアと五十歩百歩か、もしくはそれ以下

ついに誕生する「さくら」という名の市町村 | Excite エキサイト
 市町村合併が続々と進んでいるさなかですが、全国に「桜」そのものの市町村名は、意外にも存在せず、さいたま市に桜区があるのみです(過去にさかのぼれば、ありますが)。また、千葉県には長嶋茂雄さんや高橋尚子さんで知られる「佐倉市」がありますが、読みは一緒でも、見た目で受ける印象はずいぶん違います。
 そんな中、その名もずばり「さくら市」が栃木県に誕生します。平成17年3月27日。氏家町と喜連川町が合併してできるのが、さくら市です。「うじいえ」と「きつれがわ」という伝統的な難しい名前から、一挙にソフトな感じになるわけです。
 今後新しい町を作っていくに当たって、「さくら市」の名称により相応しくなるよう、桜を軸にして、イメージづくりを推進する……そうで。今でももちろん桜の木はありますが、もっともっと増えて、「さくら市でさくらを」と言われるようになることを、私も願っています。
今年はここにお花見しに行ってみようかなあ。(谷和原のぞみ/お気楽ステーション)
 このブログでも今まで南セントレアや南アルプス、中央アルプス、太平洋など馬鹿げた市名を紹介してきた。南アルプス以外は採用前に市民や他の地域からの反発で撤回されている。しかし、中にはこれらの馬鹿げた市名が採用された地域があったようだ。それが栃木県の氏家町と喜連川町が合併して出来る「さくら市」だ。合併協議会のサイトではこの「さくら市」という名称をつけたの理由を以下のように記載している。
日本の国花であり、固いイメージもあるため、春の到来にふさわしい華やかで明るく、しかも柔らかさを併せ持つ名称と考えています。
 氏家町と喜連川町は別に桜の名所というわけではない。今後桜の植樹などを増やして桜の名所を作って「さくら市」の知名度を高めたいのだそうだ。開いた口がふさがらない。まだ南セントレアはセントレア(中部国際空港)のある常滑市の南側に出来るからという前提があった。南アルプス市も南アルプスの麓であったからであるし、撤回はされたが太平洋市というのも太平洋に臨んでいるからという前提があった。しかし、「さくら市」にはそのようなものは何もない。地元の歴史も風土も完全に無視して、「これから桜の名所を作るのだからそれでいいではないか」と暴論を吐いているわけだ。南セントレアを推進していた南知多町と美浜町の両町長には呆れさせられたが、それ以上のつわものがいたとは・・・。

 合併協議会は、歴史や郷土愛を理由に反対している人達に対して、HP上で「歴史及び郷土愛」というタイトルで以下のような回答を掲載している。
両町には各々の歴史があり、代々その地に人々が生活し続け、地域文化を形成してきたところです。従って、両町に住む人々の多くは町名に愛着もあり、変えたくないという気持ちを持っていることと思われます。しかし、お互いに新市の名称は我が町の名前としたいと言い張っていたら、最大の目的である合併成就も危うくなりかねない状況も想定されます。学校名、地域名、施設名等にできる限り両町名を残し、両町を築いてきた先人や町の歴史を軽視しないよう努めることで、ご理解いただきたいと考えています。
 なるほど。確かにこの両町は対等合併するのだから、どちらかの名前にするとなると、一方から反発が出ることも想定できる。それで何故「さくら市」なんだ?歴史・郷土愛を理由にこの「さくら市」という名称を批判している人達への回答にはなっていない。両町とも地元の歴史や地理と由縁のある地名である(「ハサウェイの徒然なるままに・・・」の「意義あり。」を参照)。こういう由縁を無視して、「桜は日本の国花だから」や「春っぽくてソフトなイメージがある」などといっている協議会のメンバー達には郷土愛というものはないのだろう。こういう人達に市政を任せて本当にいいのか、さくら市民?(←どうも締りが悪い)

 平成の大合併は、地方の政治化の馬鹿さ加減がよくわかったものであった気がする・・・。

【関連サイト】
氏家町・喜連川町合併協議会
喜連川町
氏家町
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-23 01:07 | ニュース(国内)
<< ちゃんと調査したか? 意味不明の訪中 >>