某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


何故国内基準を米国にあわせなければならないのか?

Excite エキサイト : 主要ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

全頭検査から生後20カ月以下の牛を除外することなど牛海綿状脳症(BSE)対策の見直しを討議する食品安全委員会プリオン専門調査会(座長・吉川泰弘東京大教授)が11日開かれ、検査を緩和しても食肉の汚染度はほとんど変化しないとした新たなリスク評価案についてほぼ合意した。

 アメリカ牛輸入再開問題でもっとも奇天烈なのがこの「全頭検査から生後20カ月以下の牛を除外すること」である。アメリカの検査基準を20ヶ月以下にするのに合わせて、何故日本側の検査基準も20ヶ月以下の除去にしなければならないのか?プリオン専門調査会は「検査を緩和しても食肉の汚染度はほとんど変化しない」と結論付けたようだが、効果がないわけじゃないのだから日本だけでも全頭検査を続けても構わないはずだ。何故日米同一基準にする必要があるのか?
 それに「20ヶ月以下を除去しても感染度は変化しない」とあるが、例え0.01%以下であろうと、感染する可能性がある以上、その可能性を排除しようとするのが行政ではないのか?それなら非加熱製剤を「HIVに感染する可能性はきわめて低い」として認可し続けていた薬害エイズ問題と全く同じ構図である。乾燥硬膜による薬害ヤコブ病やフェブリノゲンによるC型肝炎ウィルスとも同じだ。国は再び同じ誤りを繰り返すつもりか!

 また、アメリカやプリオン専門調査会の主張する「20ヶ月以下では問題がない」というのも信用性はない。青山学院大学理工学部化学・生命科学科の福岡伸一教授によると、スクレーピー(羊版狂牛病)に感染した羊の脳をすりつぶしてマウスの脳に注射する実験をすると、代がかわるごとに潜伏期間が短くなったそうだ。
スクレーピーの脳をマウスに注射

10匹中7匹が発症(潜伏期間300日)

感染したマウスの脳をすりつぶして再び注射

潜伏期間が150日に短縮

再び行うと130日に(これ以上は縮まらなかったそうだ)
 この実験から導き出された結論は、羊から移された病原体(プリオン)は、マウスの体内で増殖しやすい変異体が選抜されて増殖したということだそうだ。つまりプリオンには可変性=宿主によって進化する性質があるということだ。実際にも狂牛病の元である羊にあったプリオンと狂牛病感染牛のプリオンは、同種でありながらも違う点があるようだ。生物でもなくウィルスでもない、ただのタンパク質であるのプリオンが宿主によって進化するということは、「プリオン仮説最大の謎」であり、まだ全くわかっていないそうだ。

 ということは、アメリカなどの20ヶ月以下の牛にはプリオン蓄積量が少ないというのも経験則でしかなく、なんら根拠がないといわざるを得ない。それに例え20ヶ月以下の牛では蓄積量の少なかったプリオンであっても、人間の体内に入った後に増殖しやすいものが進化もしくは、選抜されて増殖する場合も十分ありうる。まだ病気の全容がはっきりわかっていない時点で、日米の政治問題だけで輸入再開や検査基準の緩和を行うべきではない。この病気にもっと慎重になるべきだ。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-11 14:47 | 狂牛病問題
<< サツキとメイの家 ノルウェーのボンクラ首相 >>