某団体の幹事長の思いつくまま書きなぐるブログです!
by t_kitaguchi_1981
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
音楽
映像etc
書籍・漫画etc
お薦めウェブサイト
面白企業
お薦め商品
ニュース(国内)
ニュース(海外)
ニュース(日韓/日朝外交)
ニュース(日中外交)
ニュース(サイエンス)
ニュース(メディア再編)
ニュース(教科書問題)
北朝鮮(拉致事件等)
狂牛病問題
EXPO2005
大阪(観光etc)
スポーツ
野球
野球(野茂英雄)
野球(楽天イーグルス)
その他
キーワード

以前の記事
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
【アクセスカウンター】
合計

今日

昨日


【リンク】

大鳥区のだんじり

Mi

BALLPLAYERS.JP

大阪市民球団設立

完全無料ブロードバンド放送「GyaO」

人気blogランキング

clocklink.com
最新のトラックバック
waterproof r..
from waterproof rab..
online rv tr..
from online rv trad..
domain
from domain
cheap hotel ..
from cheap hotel mo..
arshia marina
from arshia marina
lastentarvik..
from lastentarvikkeet
full lenth S..
from Download New M..
Usual Suspec..
from historical rev..
merle haggard
from merle haggard
vasectomy re..
from vasectomy reve..
お気に入りブログ
すさまじきものにして見る...
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
散歩道
あさってのほうこうBlog
こんなことが気になりまふ
BOOZER FROM ...
アスリートのように(旧日...
ユーモアを理解できない人...
falcon's eye
ハサウェイの徒然なるまま...
的外れトーカー
いつもココロに愛国を
大國民
なんか面白いことないかな。
日常の中の非日常
感じたままに書きました
ピースウィンドジャパン ...
人生とんぼ返り
メダカと過ごす一日
千葉県刑事弁護士ネットワ...
プルメリア栽培日記
ハサウェイの水草水槽への道
徒然閑写
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「六曜=差別」などトリッキーだ!

 滋賀県の大津市職員互助会が職員向けに配布した2005年度手帳に六曜が記載されており、県内の人権団体などか「六曜は差別につながる。差別を無くすべき市としては不適切だ」と批判され、発行済みの約3,800冊の全面回収と焼却処分が検討されているそうだ。この問題について毎日放送(TBS系列局)の夕方のニュース番組「VOICE」で特集が組まれていた。

 まず始めに「六曜」とは大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の6つでその日の吉凶を占うものである。中国が発祥で、既に中国では廃れてはいるが、日本では江戸時代から急激に庶民に広がり、お祝い事は大安にするのど現在でも生活習慣の中に溶け込んでいる。しかし、最近は若い世代では廃れつつもあるようだ。

 「VOICE」によるとこの一件で「差別だ」と主張している団体は滋賀県の部落解放団体だそうだ。「六曜には何ら根拠はない。ただ昔から続いているという迷信を信じることが差別に繋がるのだ」というのが彼等のこの問題での主張だ。『六曜=部落差別』などだれも考えていない(「VOICE」の該当アンケートでも差別に当たると答えた人は100人中2人)のだが、迷信・根拠のないことを信じることが差別に繋がるのだそうだ。理屈になっていない。はっきり言って滅茶苦茶だ。この番組でインタビューに応えていた大学教授は「お清めの塩なども差別に繋がる。迷信は差別だ」と主張していた。「ギャグかな?」とも思ったが、番組の流れではそうは考えられない。大真面目にその理論を主張しているそうである。開いた口が塞がらない・・・。

 科学的根拠がなかろうとも「六曜」は日本人の生活習慣に溶け込んでいるものである。気にする人が減ってきているとはいっても、やはり社会生活を送る上ではそれなりに気にせねばならない場合が多々ある。結婚式のお祝いを持っていく際に仏滅を選ぶなど相手に対して喧嘩を売っているようなものだ。「それは全くの迷信だ!」と彼らが主張しようとも気にする人はいるのである。自分達の少数の屁理屈を信じるのは大いにかってであるが、その少数派の意見を大多数に押し付けるのはおかしいだろう。
[PR]
by t_kitaguchi_1981 | 2005-03-09 19:10 | ニュース(国内)
<< 受信料は世帯ではなく人に課すべきだ。 マツケンサンバII in 東京ドーム >>